★明日提出行動やりま​す!原子力規制委員会​に要望・武村式で地震​動再評価を!

 

みなさまへ

原発新規制基準適合性審査の過程で、地震動について二重基準が用いられていま
す。「武村式」を用いる津波の波源としての地震動は、「入倉式」を用いる耐震
安全評価で用いる地震動の約4.7倍にもなります。耐震評価で用いる地震動に
ついても、日本の地震の特性をとらえた「武村式」を用いるべきです。

この件で、審査中のPWR全ての地元、審査が開始となったBWRの全ての地
元、関西・首都圏の市民団体24団体より、本日、原子力規制委員会宛てに要請
書を提出しました。

提出はFAXにて行いましたが、明日行われる地震・津波についての適合性審査
の会合の前に、直接手渡しでの提出を行います。是非ご参加ください。また1月
29日(水)午後に、この件を含めて院内集会と政府交渉を予定しています。詳
細が決まりましたらお知らせします。

◆原発適合性審査・基準地震動の再評価を求める要望書提出行動
◆1月17日(金)
 12:30~12:45
◆原子力規制委員会(六本木ファーストビル)玄関前

**************

皆さまへ
美浜の会の島田です。 重複失礼します。
拡散歓迎です。

先ほど、規制委員会宛に24団体で要望書をFAXで送りました。

──────────────────────── 
基準地震動の評価でも、津波評価と同様に、
国内の地震の特性を反映している武村式で再評価を
http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/nsr_youbou20140116.pdf
──────────────────────── 

再稼働審査中のPWR原発の地元 鹿児島・佐賀・愛媛・福井・北海道、
審査が開始されたBWR原発の地元 島根・新潟・宮城、関西・首都圏の市民団
体24団体で出しました。

PWR原発の審査は終盤になり、更田委員は審査が終了していないにもかかわら
ず、「夏まで審査をやっていることはない」等々の発言を繰り返しています。

しかし、最も肝心の基準地震動の議論はこれからです。
「地震も津波も震源は同じ」(島﨑委員)にもかかわらず、
津波評価(武村式)と地震動評価(入倉式)は二重基準となっています。

武村式は日本の地震の特性を反映したものです。当然、地震動評価もそれでやる
べきです。武村式で評価すれば、地震の規模は4.7倍にもなり、どの原発も耐
震性は崩れてしまいます。
このままでは、「安全性の確認」などなされていません。

★武村式で地震動評価をやり直せ!の声を広めていきましょう。
要望書の内容を広めてください。自治体などへも申し入れていきましょう。

明日17日(金)13:30~17:30 地震・津波の審査会合が入っています。
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/data/0069_00.pdf

◇規制庁 地震津波担当
 TEL 03-5114-2119 / FAX 03-5114-2182
 
☆今日提出した要望書は下記です。グラフ入りは下記URLにあります。
http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/nsr_youbou20140116.pdf

原子力規制委員会への要望書  2014.1.16

基準地震動の評価でも、津波評価と同様に、
国内の地震の特性を反映している武村式で再評価を

原子力規制委員会委員長  田中俊一  様
原子力規制委員会委員長代理  島﨑邦彦  様

原子力規制委員会は、再稼働のための審査を急ピッチで進めていますが、審査終
盤のPWR原発(川内1・2号、玄海3・4号、伊方3号、大飯3・4号、高浜
3・4号、泊3号)では、基準地震動の評価はまだ確定していません。電力各社
の申請では、基準地震動及び基準津波の評価が二重基準となっています。津波の
波源評価については土木学会の指針(2002)に基づいて「武村式」が用いら
れています。しかし、同じ断層でも基準地震動を導く場合、電力会社は「入倉
式」を用いています。申請が始まったBWR原発(柏崎刈羽6・7号、島根2
号、女川2号)でも同様のことが問題となります。地震と津波は福島原発事故を
引き起こした当の原因でありながら、未だに二重の評価が行われていることは、
到底納得できません。

審査会合で島﨑委員は、「地震と津波の震源は同じ」と繰り返し発言していま
す。震源は同じなのですから、その評価方法も同じであるべきです。また、昨年
12月18日の大飯原発の基準地震動審査において、規制庁の小林勝安全規制管
理官は、事実上武村式で基準地震動を評価し直すよう指摘しました[※1]

断層が引き起こす地震モーメント(地震の規模)を断層面積から算出する場合、
入倉式を使った値に対し、武村式を使った場合の値はどんな断層面積に対しても
4.7倍になります[図1]。この両者の違いは、それぞれの基になった地震
データの違いにあります。

入倉式は、Wells and Coppersmith(1994)に集約された世界中の244の地震か
ら抽出した、米国、中国等のアジア、南米、トルコ、イラン等の約40の地震
データを基にしており、その中で日本国内地震は福井地震のみです。他方、武村
式は、すべて日本国内の地震データに基づいています。武村式が大きな地震規模
となるのは、日本の地震の特性を反映しているためです[図2][※2]。この
ことから、国内の原発の地震動評価においては、津波評価の場合と同様に、武村
式を採用すべきです。

これまで原発の地震動評価は、入倉式に依拠してきました。入倉氏は2001年
に自らの論文で、武村式の方が高い値になる理由として、「日本周辺の地域特性
によるものか、今後の検討が必要とされる」と述べています。それから10年後
に福島原発事故が起こり、それでも今なお電力会社は入倉式で地震動評価を実施
しています。福島原発事故を繰り返してはならないと肝に銘じるならば、安全側
にたって、武村式を用いて基準地震動評価をやり直すべきです。

要  望  事  項
1.基準地震動の評価においても、津波評価と同様に、国内の地震の特性を反映
している武村式で評価しなおしてください。

2014年1月16日  提出24団体
(再稼働審査中のPWR原発の地元 鹿児島・佐賀・愛媛・福井・北海道、
審査が開始されたBWR原発の地元 島根・新潟・宮城、関西・首都圏の市民団
体)

反原発・かごしまネット/ 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判
の会/ プルサーマルと佐賀県の100年を考える会/ 原発さよなら四国ネッ
トワーク/ 島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会/ 島根原発
増設反対運動/ 原発設置反対小浜市民の会/ プルサーマルを心配するふつう
の若狭の民の会/ 柏崎刈羽原発反対地元3団体/ 原発からいのちとふるさと
を守る新潟県民の会/ 三陸・宮城の海を放射能から守る仙台の会(わかめの
会)/ みやぎ脱原発・風の会/ Aasha project/ ベクレルフリー北海道/
 Shut泊/ 脱原発をめざす女たちの会・北海道/ 市民自治を造る会/ おお
い原発止めよう裁判の会/ グリーン・アクション/ 美浜・大飯・高浜原発に
反対する大阪の会(美浜の会)/ 国際環境NGO FoE Japan/ 原発を考える品
川の女たち/ 福島老朽原発を考える会(フクロウの会)/ 原子力規制を監視
する市民の会

連絡先団体
グリーン・アクション  京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL:
075-701-7223 FAX: 075-702-1952

美浜の会 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階 TEL:06-6367-6580
FAX:06-6367-6581

原子力規制を監視する市民の会
新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 TEL:03-5225-7213 FAX:03-5225-7214

※1 2013年12月24日付、3団体の規制委員会への要望書「基準地震動でも武村
式を適用して再評価してください」参照 
http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/nsr_youbou20131224.pdf
※2 「武村式は日本の地震の特性で評価している」(美浜の会)2014.1.9参照
  
http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/position_jpneq_20140109.pdf

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード