【9.13復興庁説明会・文字おこし2】復興庁・金澤直樹企画官による基本方針(案)概要説明

【9.13復興庁説明会・文字おこし2】復興庁・金澤直樹企画官による基本方針(案)概要説明
 
〇復興庁 法制班 金沢直樹企画官
 
〇司会:復興庁 法制班 あべ氏
  
(00:13:14~00:20:15あたり)
 
金澤氏:
(椅子から立ち上がり)復興庁の金澤でございます。
よろしくお願いします。
座って失礼します。
あのお手元の、資料の中に、えっとカラー刷りの2枚の、横のですね、2枚ものが入っているかと思います。(※1)
これーに基づいて、えー説明させていただきたいと思います。
えー子ども・被災者支援法の、基本方針は、あー法律に基づきまして大きく3点、えー記載することとなっております。
1点目が一番上の「施策推進の基本的方向性」。
それから2点目を、支援対象地域に関する事項(「支援の対象地域」)。
3点目が、施策のおー、基本的、事項(「施策の基本的事項」)、いう、構成になっております。
 
まず1点目の、基本的方向性ですけれども、おー放射線による、健康不安を感じておられる被災者の方、あるいはあーそれに伴って、生活上の負担が生じておられる被災者の方に対し、基本方針に基づく支援によりまして、えー安心して、生活いただくようにする、いうことが、あー基本的方向性でございます。
それに基づきまして、えー2、3の、おー対象地域、あるいは、個別の施策を、おー定めました。
 
「支援対象地域」、は、あー2階建ての構成をとりました。
まず、法律うーの、第八条に基づく、うー支援対象地域は、原発事故発生後、相当な線量が広がっていた、福島県中通り・浜通り(避難指示区域等を除く)、ということ、に、いー設定いたしました。
その上で、えー「準支援対象地域」といたしまして、えー支援対象、おー地域、以外、その外にですね、先ほど副大臣からもございました、あー子どもの、おー(第)十三条、おー健康管理の関係の施策も含めまして、より広い地域で実施するために、施策ごとの趣旨目的に応じて「準支援対象地域」を定める、いうこと、にしております。
あのー、おー〇〇(←聞き取れない)ですが、右側の、おー地図、で、ピンクのところが、あー「支援対象地域」。
えーその外に、〇〇(←子どもの声で聞き取れず、残念。)広がる「準支援対象地域」、ということになっております。
 
それで、あのー、おー、別の資料になるんですが、あー、左上に(調整中)というふうに、いー書いてあます、えー施策とりまとめ(案)という、うー資料が、あー別途ございます。(※2)
横、の、おー資料です。
で、一例を申し上げますと、ページめくっていただきまして、えー1ページ目ですけども。
例えば、あー、1汚染状況、おー調査と、いうことで、えー放射線モニタリングの、大元でございますが、右側にいきまして、対象地域、それが、あー今申し上げた支援対象地域と、おー準支援対象地域、両方含むものですけども、これで、この地域で実際に施策が行われると、いうことでございます。
それでこのおー、施策については福島県及び近隣県と、いう対象の原案になってます。
以下、同じように、対象地域を、おー記しております。
えーこのような体調地域の、定め方をいたしました。
 
元の資料(※1)に戻っていただきまして、えー施策の基本、さん、3点目の、施策の基本的事項、に関するものでございます。
え・・、3月に、えー原発事故、おーによって、被災された、被災者支援パッケージというのを、おー基本方針、の策定を待つことなく、基本方針(案)の策定を待つことなく、策定いたしました。
これに、いー90項目以上の、おー施策を盛り込んでおりますが、あ今回、近隣、福島近隣県を含めた、外部被ばく状況の把握、自然体験活動、民間団体を活用した、被災者支援、といった施策について、拡充・検討を、予定しております。
具体的には、あー次のページをご覧ください。
これまでの、おー取り組みを、拡充・検討中を含みますが、あーする施策の例、ということで、えー大きく、う6点、えーこれはこれまでの、おーおー・・いろいろな、あご意見を伺った中で、えー出てきたニーズを踏まえて、施策を作ったものでございます。
 
1点目、左側上、左側ですが、一番ご要望の多かった、福島近隣県を含めた、外部被ばく状況の把握。
これは、あーこれまでの、福島県民を対象とした、外部被ばく線量、等の調査のほかに、その近隣県における、個人線量計による外部被ばく状況の把握をする、というものでございます。
また、あー福島近隣県を含めた健康管理に関する、支援の在り方を検討するための有識者会を、検討、ああっ開催する予定、でございます。
 
その下、民間団体を活用した、あー被災者支援の拡充、ということで、福島県から、あるいは、福島県以外、の方も含みますが、あー福島県から、あー県外へ避難した被災者の方に対し、えーその避難先でまあ孤立しているとか情報がないとかいろいろな、あー声をいただきました。
こういったニーズに、えーきめ細かく、対応するために、・・・
 
(00:18:24あたり~画面向かって金澤氏の左隣に座っている復興庁・参事官付主査にしお氏、机の下でどうも携帯をいじっている模様。
(00:18:37あたり~カメラの方にチラッと視線を向ける。
金澤氏:
えー現地での情報提供、あるいは避難元に関する情報提供、あるいは、あー避難、された方からの相談対応、などのおー事業を、NPO・民間団体の、おー協力をいただいて、実施すると、いうものでございます。
 
(~00:18:41携帯いじり終了した模様。その後も、いじっていたことをカモフラージュするように下を向いたままの復興庁・参事官付主査のにしお氏。)
 
金澤氏:
その下、住宅に関する支援でございます。
借上住宅、の、おー供与期間を、全国で平成27年3月末まで延長をする。
ことで、これはもう、おー自治体、のホームページ等で、公表されている〇〇(←聞き取れない)と思います。
さらに、えー支援対象地域に居住していた方、こういった方が避難された場合に、その先での公営住宅、への入居等に対する支援をすることを検討しております。
右側に移っていただきまして、上から。
えー自然体験活動の充実といたしまして、えーこれはまあ福島県の、おー・・お子さんを対象にしたものですが、福島県で、えー行われていた、あー自然体験活動をその外にも、おー拡大するというものでございます。
それを〇〇(←聞き取れない)にまとめております。
 
その下が、学校給食の放射性物資検査の実施地域の拡充といたしまして、学校給食のいっそうの安心確保のために、放射性物質の検査を行なう地域を、本年7月において、9県から、あー11県、群馬・埼玉県を追加して、えー充実しております。
 
最後に就労支援、の拡充といたしまして、避難された方、が、あー、を地域において、例えばマザーズハローワークの充実、あるいは民間事業者、を、のご協力をいただいた、長期、いー失業者支援、の拡充。
こういった施策を、今回の施策に盛り込んで検討してまいります。
以上、大きな、あー・・いろいろとある施策の一例でございますが、ご紹介、させていただきました。
以上でございます。
 
あべ氏:
ありがとうございました。
 
【9.13復興庁説明会・文字おこし3】へ続く。
 
(参考)
〇20130913 UPLAN被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)の説明会(東京)
 
〇「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)」に対する意見募集について
 
〇※1
被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)概要
 
〇※2
「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針」に関する施策とりまとめ(案)(調整中)
 
〇OurPlanet-TV
見直し求める声相次ぐ、支援法説明会(福島)
 
以 上
 
「文字おこしM」
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード