【文字おこし2】2013.9.6 9月強化月間抗議行動・復興庁に抗議する市民の会

【文字おこし2】2013.9.6 9月強化月間抗議行動・復興庁に抗議する市民の会
 
※市民側の発言は、「えー」や「あの」は省略しております。
 
※金曜日はこのあたり一帯で抗議行動が行われており(アメリカ大使館がとくに近傍)、車の数も多く、抗議者の声以外の音がどうしても入ってしまい、今回は発言を聞き取るのにかなり苦労しました。
聞き取れず文字おこしできていない部分もありますが、なにとぞご了承願います。
 
〇復興庁に抗議する市民の会の方々
  
(00:19:26~00:36:48あたり)
 
T 氏:
復興庁前にお集まりのみなさまお疲れ様です。
先週ですね、復興庁との・・・・・(←音声が聞き取れず、残念!
・・・復興庁の方にドタキャンされまして、そこに参加していたメンバー全員で、こちらの方に押しかけて、話をさせろと、いうふうに交渉を行ないました。
復興庁さんこのビルのおそらく6階ぐらいに入っていると思うんですね。
ちょっと首痛くなりますけど、6階に声が届けば。
先ほどからチラチラ、(ビルの窓から)こっちの方を見てましたんで、たぶん復興庁の職員の方かなぁと思っているんですけれど。
それで、まあ言いたいことはいろいろありますが、子ども・被災者支援法はですね、我々だけではなく、被災者の方の、希望に、思いがこもって、いろいろな方が、努力されて作られた、非常にすばらしい理念がこもった法律であります。
1年2か月塩漬けにして、突然のこと、突然ですね、先日基本方針(案)というものが出されましたが、これがその理念をまったく反映していない。
非常に酷い内容であります。
こんなことをですね、まず、〇〇(←聞き取れない)わかりますが、非常に法律違反の可能性が高いです。
あなた方公務員は、法律を遵守する、ことが決められております。
まったく法上理念を、反映しない方針(案)を、作ったということは、入れあげて、法律に接する行為を行なっていると、いうふうに言わざるを得ないと思います。
こういうわけですね、ちょっと今日は怒りモードなので、もう少ししゃべりたいんですけど。
あとですね、あなた方、対応がなってません。
先週の(←実際は今週の9月3日)、こちらに来てわざわざ、福島それからですね、地方からいらした方がいらっしゃいますが、・・今週でしたか、でこちらに押しかけて、復興庁の職員の方、3名出てらして会ったら、なんと〇〇(←聞き取れない)ない。
そういう考えを〇〇(←聞き取れない)というのは、一般の中では通用しません。
((Mのコメント:周りの雑音が強く聞き取れないのが残念。。)
ちゃんと真面目に仕事をしてください。
国民は怒ってます!
 
H 氏:
みなさんこんばんは、お疲れ様です。
先週、8月30日、基本方針(案)が出た後に、こちらで抗議行動をしました。
でその時、言うのを忘れたんですけれども、今年の6月に、ツイッターの何とか問題があって、ここに抗議に来ました。
でさすがに、これで復興庁のみなさんは、真面目に取り組んでくれるのかなぁと思ったんですが、結局その後の2か月、公聴会も開かれず、そして基本方針(案)が出たんですが。
この基本方針(案)てもしかして、訴訟を起こされたから1週間で、作ったのかしら、と思っています。
だから2か月の間に作ったとしても、お粗末。
そして1週間の間に作ったとしても、どういうこっちゃ!ということで、私はとても、この基本方針(案)として出されたものを基本方針(案)と呼ぶのも嫌です!
本当は基本方針(案)でもなんでもありません!
これはただ、なんか寄せ集めしただけじゃないですか。
施策パッケージを、追加しただけじゃないですか。
これが基本方針(案)と呼べるんですか?
私は全然呼べるとは思っていません!
こんなものを基本方針(案)として出してくる復興庁のみなさんはどういうことなんですか?
この程度しか能力ないんですか?
ちゃんと真面目にやってください!
この法律は、被災者、被災当事者、支援者の声を、聴いてそれを反映して、基本方針(案)を作っていく。
一定の基準の地域、そこを対象にする、というふうに、謳われています。
それを完全にあなたたちは無視してます。
なんかこの間も復興庁のみなさんとの政府交渉ドタキャンしたらしいんですけども、その後こちらに来て話を聞いたということで、話をお伺いしましたが、当事者の話をどうやって聴いたんですかと言ったら、市民団体が主催し、開いた集会などで、聴いた話を盛り込みましたと言ったましたが、じゃ復興庁のみなさんは、自ら動いて、公聴会を開いてないということなんですよね?
そんな状態で、基本方針(案)をよく作れたもんですね。
しかも、市民団体が、開いた、その、こちらの対話の内容はほとんど盛り込まれてないという、それじゃ何の意味もないじゃないですか!
いったいどういうことなんですか!
ここに来て説明してください!
全然納得いきません!
一定の基準を、このまま無視して作るんだったら基本方針(案)とは呼びません!
そうしたものをパブコメにかけて、たった2週間で。
しかも説明会ですか?
公聴会も開かないで、いきなり説明して終わりにするつもりなんですか?
納得できません!
とにかく、きちんと、交渉にも出て来てください!
まずは、私たち、当事者・支援者に説明してください。
(( ↑ Mのコメント:各地に避難者が散らばっているので、各地で説明会が必要であると求めていますね。))
私たちの意見をきちんと盛り込んでください。
そうでなければこんなものパブコメなんて書きたくありません!
でもしょうがないから書きますが、これを基本方針(案)と私は呼びません!
こんなもの、基本方針(案)じゃな~い!!
きちんと作れ~!!
以上です。
 
WS氏:
こんばんは。
この子ども・被災者支援法のこの法案は、みんなの本当に期待した、〇〇(←聞き取れない)していると。
それから福島に震災以降留まっている人たち、それから自主避難をした人たち、その人たちが、本当に〇〇{←聞き取れない)、それから希望をもって、この成立を、喜んだはずでした。
そして、このままずっと棚上げされ続けるんじゃないかという中で、この8月の末に、この支援法(基本方針(案))が出来ましたけれども、これは本当に、地域に残っている人たち、それから自主避難をした人たちの、本当に希望を打ち砕くものだったと思います。
本当に、みんなの声を、自主避難をした人たち、それから福島の震災後残っていた人たち、その人たちの声を、聴くという姿勢が、まるっきり感じられない支援法(基本方針(案))だからです。
何故そんな、手間を惜しんだんでしょうか?
(何故)そんなに安直に作ったんでしょうか?
今までずっと時間をかけて、棚上げしてきたじゃないですか!
そしたらちゃんと時間をかけて作るべきです。
今でも、この2年数か月経つ中で、とても被災者の人たちも、現地にも残った人たちも、とても疲れてきています。
福島に残った友人は、この6月、7月になって、除染が始まるというふうに言ってきました。
でも除染しても、この除染した土は、庭に残されたままです。
その土を、自分の目の見えないところに、移動させると、罪だということで、犯罪だということで、罰せられるというふうに言われたそうです。
そんな中で、福島現地の人たちは暮らしています。
南相馬から避難している知人が、姉の知人がいるんですけれども、このお正月に、お墓参りに帰ったそうです。
その時に、そのお墓には、役場の人が居て、せっかく来たんだから、お墓の周り、もう草ぼうぼうだったので、掃除しようかなっていうふうにして掃除を始めたら、「いやいや、もう触らないでください。」っていうふうに言われたそうです。
1歳になる小さな孫を連れて行っちゃったんですけれども、「その子、もう車から降ろさないでください。」というふうに、役場の人が言ったそうです。
「もうそんなところに帰れないよね。」という話をしていたそうです。
でもお母さんは、仙台に避難してきているんですけれども、とても帰りたい、帰りたい、帰りたいと言って、今〇(←聞き取れない)的な状況になっているそうです。
今こんな現状が、何故1人1人の、実情を聴くということを、何故この復興庁は、(対応する姿勢を)見せられないでしょうか?
1人1人の声を聴いて、現地に行って、現地の状況を見て、そして話を聴くことで、やっと生きた支援法になるんだというふうに思います。
この支援法は、あなたたちの都合のために、出来たというふうに感じます。
現地の人たち、福島の人たち、それから遠くに、子どもの健康のことを考えて、自主避難をした人たちのその思いに、答えようとする支援法(基本方針(案))にはなっていません!
そして、会議、この支援法(基本方針(案))を作るための会議、会議録が無いっていうふうに今日、新聞で読みました。
会議をしたのに、どうして会議録が作られなかったんですか?
会議録を作れないような話し合いをして決めたから、会議録を残さなかったってことじゃないんですか?
そんなふうにして作られた支援法(基本方針(案))で、どうして、福島の人たち、それから自主避難をした人たちが、守られるんでしょうか?
ちゃんとした支援法になるようにしてください。
それにはまず、きちんと現地に行って声を聴くこと、遠く自主避難をしている人たちの声を聴くこと、それを第一に始めてください。
それなしではこの支援法(基本方針(案))を認めることはできません!
 
O 氏:
復興庁の職員のみなさん、まだ電気がついていますからお仕事なさっていることと思います。
今あなたたちは何の仕事をしているんですか?
あなたたち、一番大切な仕事を、あんな形で、被災当事者の方たちの、思いや、声を一つも反映しない基本方針など作って、今どんなお仕事をなさってるんですか?
私が住んでいる大田区にも、そしてこの東京にも、避難してきた方がたくさんいます。
でも、東京は、とっても暮らしにくい街です。
東京に避難してきてもまたそこから、違う土地へ移った方もたくさんいます。
この2年以上の間に、生活も落ち着かず、この先の希望も見えず、苦しい思いをして、避難している方、そして、不安を抱えながら、今居る福島で、そして線量の高い千葉で、茨城で、埼玉で、栃木で、暮らしている、お母さんや、お父さん、子どもたちがたくさん居るんです。
その人たちの、思いをくみ取ってこその、復興支援じゃないんですか?
あなたたちがすべき仕事を、きちんとしてください!
私たちはこのような、基本方針は認めません!
既に1年以上にわたって、基本方針が何もされないまま、支援法が動かない間に、各地の、福島県はじめ、そして関東圏の、各地の市議会・県議会・市長さんたちから、いっぱい意見書が出ているはずです。
自治体の声も聴かず、被災者の声も聴かず、そんなものは、支援になりません。
あちこちの自治体が、国の施策を待たずに、被災者の支援も始めています。
そういうさまざまな支援の動きをきちんと国が手当してください。
支えてください。
1日も早く、被災者の方たちそして、線量の高い地域で暮らす人たちの、未来のために、被災者の人たちに思いの沿ったものを、作ってください。
 
S 氏:
私たちはですね、1年半も塩漬けにされた、この(原発事故子ども・)被災者支援法のですね、待ちに待った基本方針が出てですね、それを見て、がっかりしてですね、居てもたってもいられずに、こうして、復興庁の方々にですね、抗議をしに、アピールに来ているわけです。
復興庁の方はですね、こういう被災者の、みんなの意見をですね、真摯に聴かなければいけないです。
水野参事官みたいな人たちばかりだったって思ってませんよ。
ちゃんと真面目にやっている人も居ると思います。
あんないいかげんなですね、基本方針(案)出して、〇〇(←聞き取れない)納得しただとか、済んだとかいって、いるんじゃないでしょうね、まさか!
もう1回ですね、真摯に、被災者のことを考えてですね、基本方針(案)をしっかり見直して撤回して、見直してほしいです。
今からでも遅くないです。
だいたい説明会がですね、パブコメの前っていうのは酷いじゃないですか!
何ですかそれは!
既成事実としてただやったと、証拠のための説明会じゃないですか!
こんなんでパブコメ書けませんよ!
パブコメ期間が短すぎます。
(~略~)
 
(参考)
20130906 UPLAN 支援法の骨抜きをやめて!復興庁へ抗議の声・・・
 
以 上
 
「文字おこしM」
 
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード