【緊急文字おこし1】TARO's Network : おしどりマコさん、東電汚染水漏れについて

【緊急文字おこし1】TARO's Network : おしどりマコさん、東電汚染水漏れについて
 
◆山本 太郎 参議院議員
◆おしどりマコ・ケンさん
 
(00:00~07:43)
 
山本氏:本当のこと言って何か不都合でも~!?ということで、本日はこのお2人に来ていただきました!おしどりで~す!(3人で拍手!)
マコ氏:マコでーす!
ケン氏:ケンです!
マコ氏:おしどりでーす!
マコ&ケン氏:よろしくお願いしまーす!
山本氏:あはははっ・・・。
マコ氏:(画面向かって左端に座っているケン氏の方を見て)何か久しぶりにこういう紹介、
ケン氏:はい。
マコ氏:自己紹介したせいか、
ケン氏:はい。
マコ氏:(ケン氏と自分を指さしながら)かみ合わへんかったね。
ケン氏:はい。そうですね!
山本氏:あはははっ。
(一同笑い)
山本氏:ひさびさ(笑)、久々すぎて。
マコ氏:久々すぎて(笑)
(一同笑い)
山本氏:会見とか行き過ぎて(笑)
マコ氏:行き過ぎて(笑)ふつう、マコです!ケンです!
マコ&ケン氏:おしどりです!
マコ氏:なんですけど。(ケン氏を指さし)自分、全然タイミング合わなかったよね。
山本氏:(大爆笑!!)
ケン氏:すみません。。こんななってたな(笑)
マコ氏:大丈夫?(笑)
ケン氏:大丈夫、大丈夫、大丈夫!
マコ氏:びっくりした!
山本氏:久々過ぎて、しょうがないですね、もうー、ね(笑)
(一同笑い)
マコ氏:うわー怖っ。
山本氏:勘をもとに戻すまでね(笑)
ケン氏:これも弊害ですからね。
マコ氏;そう!ほんと!ほんと!
山本氏:本当ですよね。
ケン氏:(山本氏に)ねえ。
山本氏:このお2人に今日語っていだたくのは、
マコ氏:はい。
山本氏:タンクの汚染水問題。
マコ氏:お!
ケン氏:はい。
山本氏:そして、甲状腺検査の訂正問題。まあその他にもいろいろ気になるところを、2人にたっぷり語っていただきたいと思います。
ケン氏:はい!
山本氏:よろしくお願いいたします。
マコ&ケン氏:よろしくお願いしまーす!!
 
山本氏:なんかもうー、いろいろ問題になっていますよね。タンクから水漏れてましたよ、みたいな。
マコ氏:もうー、エライことですよー。
山本氏:えっ、あの辺立ち入りできるんですか?
マコ氏:あー、まあ、いちお立ち入らないと作業できないんですけどー。
山本氏:ええ。
マコ氏:凄まじく線量が高くって。
山本氏:ちなみにどれぐらい?
マコ氏:うんとねー、きちんと表面線量とか、は、出てきてなくって、
山本氏:(うなずく)
マコ氏:現段階で、東京電力が出している、えー100ミリシーベルト、パーアワー(100mSv/h)っていうのは、
山本氏:(うなずく)
マコ氏:えーっとねえ、その、汚染水から、直上50センチ(50cm)の高さなんですよ。
山本氏:ええ。
マコ氏:えっだから、すいませんそれっ、あのー会見でね、
山本氏:ええ。
マコ氏:質問の時に、それ、あの50センチのやつは、表面線量って、称していいんですかっみたいに(聞いたら)、(東京電力の担当者がマコ氏の)おっしゃる通りでございます。
山本氏:何んやそれ(笑)
マコ氏:(東京電力の担当者いわく)厳密には、表面線量ではございません。
山本氏:もう、あの。
マコ氏:って言われましたよ。
山本氏:水の上50センチを歩ける人がいるんだったらいいですけどね。
マコ氏:ああ、いいですよね。
山本氏:ねえ。直接のものっていうか、
マコ氏:はい。
山本氏:わからないっていうのは、ちょっと怖いっすね、これ。
マコ氏:直接の線量は、今んところ実は測ってないです。
というのは、(放射線量が)高すぎるので、測る人がまあとてもこう、被曝してしまうので、
山本氏:(うなずきながら)なるほど。
マコ氏:その汚染水を、こう、いろんな核種がどれくらいあるかっていうのを解析して、まあそれを、何ていうか線量の代わりに、どの程度の、濃度の汚染水かっていうふうに表現するって言ってましたね。
山本氏:じゃ。
マコ氏:測るのは、(作業員が)被曝しすぎて無理って言われました。
山本氏:じゃそこも測れないってことは、その漏れてるものを止めることもできてないっていうことですか。
マコ氏:今のところできてないです。
山本氏:漏れっぱなし。
マコ氏:
今のところ漏れっぱなしという、昨日(2013年8月21日)えーとー、規制庁の汚染水対策ワーキンググループで、喫緊の課題として、急に(会合の予定が)入ってきたんですけど。
今のところ漏れっぱなしです!
山本氏:あっ、じゃ『東電18番のダダ漏れ状態』で。
マコ氏:はい。今のところ。
ケン氏:(大きくうなずく)
山本氏:ほっぞっ、次から次へと。
マコ氏:で今のところ、どっどこから漏れてたのか、いつから漏れたのかがわかっていないので、もう憂鬱だなって思うのが、おんなじタイプの、タンクが、300個。
で、まったくこう、おんなじ時期におんなじ工程で作った!っていうタンクが、約100個あるので、
山本氏:(うなずく)うん。
マコ氏:原因がきちんとわかっていない以上これは、規制委員会の更田委員の言葉だったんですけど、
山本氏:(うなずく)
マコ氏:「おんなじ原因で、あの同じようにタンクから漏洩するって考えるのが自然」なので、あのー、「早急にこの付近のタンクの汚染水をどこかに移す検討ができますか!」って言うと、えー東京電力は、(胸を張る仕草で)「厳しいです!」って言ってました(笑)
山本氏:厳しいのか。置きっぱなしです(笑)
ケン氏:(口に手を当て笑う)
マコ氏:(胸を張る仕草で)「無理です!」っみたいなことを(笑)
ケン氏:「正直厳しい。」って言うてましたね。
マコ氏:言うてた、言うてた。もう「正直厳しい」って3回言うた。
ケン氏:(うなずきながら)うーん。
山本氏:3回も。
マコ氏:3回言ってましたね。やっぱり無理ですねー。
山本氏:限界なんですね。
マコ氏:でー東京電力はこのー、えーH4エリアの、タンクに入っている汚染水のことを、えー(胸を張る仕草で)「中濃度です!」って言ってましたね(笑)
山本氏:測ってもないのに。
マコ氏:いや、っていうかまあ、いちお、低濃度ではない、んですよね、うふふふっ。
山本氏:なるほど。ははははっ。
マコ氏:高濃度とも言わない(笑)、みたいな。
山本氏:ねえ。
マコ氏:「中濃度です!」っていう表現をしていました。
 
山本氏:まっでもそのタンクそのものの耐用年数自体がわからないわけですよね?
マコ氏:はい。
山本氏:その中に入っている汚染水なんて入れどころがなかったわけでしょ
マコ氏:そうですね。こんな(うなずく)。そうですね。
山本氏:その汚染水専用のタンクではなかったわけですよね?
マコ氏:はい。はい。
山本氏:だとしたら、これどれぐらいもつのかなんて、誰も言えない。
マコ氏:誰も言えないですね。
山本氏:ああ。それですでに漏れ出している。
マコ氏:(手元の資料を見ながら)そうなんです。
で、まあ、いろいろ昨日議論がされてたんですけど、これちょっと配布資料で、もしケンちゃんいいやつが
ケン氏:はい。
マコ氏:あったら、出して。
ケン氏:はい。
マコ氏:そのね、タンクの構造の、底がね、(資料をカメラに示しながら)こうなんかえー、直径12メートルの大きいものなんですよ。
でね、底が、まあ、材質がSS400。でまあ、聞いたら、鉄ですって。
(カメラが配布資料をズームアップ。)
山本氏:ほう。
マコ氏:で、それがね、その、5つの部分に分かれていて、だからそのー、おんなじ、(ケン氏がPCから画像を探し出したのでマコ氏に渡す)ああ。
ケン氏:ちょっとね。
マコ氏:(i padの画像をカメラに示し)まあ、まあ変わんなかったか。
山本氏:(カメラマンに対して)大丈夫ですか?どうですか?
マコ氏:(カメラマンに対して)紙のほうがいいですか?どっち、反射するとかしにくいとかあったら。
山本氏:ちょっと〇〇(←聞き取れない)したほうがいい。
カメラマン:えー、紙があったら、紙(の方がよい)。
マコ氏:紙。紙こっちです。紙。そのー、5つの部分に分かれているんですよ。
山本氏:ええ。ええ。
マコ氏:でそこをまあ、止めて、底にしてあるので、まあ、腐食とか、止めたある部分なので、そこが、まっ今までの、他の、こうー、えっアルプス(多核種除去装置)とかのタンクの漏れの場合、こう、何ていうか、溶接であったり、止めてあるところから、こうーすごい高濃度の汚染水なので、腐食して漏れていく事例が多いんですね。
山本氏:(うなずく)
マコ氏:なので、このタンクの底が、5つのパートに分かれていて、そこを繋げて使ってるっていう以上、ここが腐食して漏れた可能性もあるんですよ。
山本氏:本当は5つに分けるけれども、それを取っ払ってそこに入れてるということですか?
マコ氏:ううん。
山本氏:5つの、(資料の該当部分を指して)この仕切ってあるやつをそのまんま。
マコ氏:そのまんま。だから、このタンクを作る時に、底を作る時に5つのパートを作って、張り合わせて作っている。
山本氏:(納得できた様子で)そういうことか!
マコ氏:そういう作り方をしている。
山本氏:ああ、そういうことなのか!
マコ氏:もともとね。(山本氏に対して)怖いでしょ!
ケン氏:アッハハハハッ。
山本氏:(自分が勘違いしていたことに対して笑っている様子)ああ。
マコ氏:怖いでしょ!
山本氏:ああそう。もともと1つじゃなくて5つのパーツを(ジェスチャーしながら)こう、繋げてるから、
マコ氏:そうそうそうっ!
山本氏:間から腐食するんじゃないか。
マコ氏:そうそうそうそうそうっ!
山本氏:そりゃ考えられるでしょ!
マコ氏:(うなずきながら)考えられます。
まあ、昨日(2013年8月21日)の、規制・・庁の指摘も、そういう指摘が多くって。
山本氏:(うなずく)
ケン氏:(うなずく)
マコ氏:だから、漏洩箇所が、まっおそらく、No.5というタンクが漏れた、っというのはそのー、(タンクの)水位がかなり下がっていたからなんですけど、3メートル下がっていたからで。
なので、No.5から漏れたって言われてるんですけど、(強調して)どこから漏れたか、今のところわかってないですね。
だから、底が抜けてた場合、あのーすごく、まあ線量が高いところなので、今現段階で容易に観察ができないっていう状態なんです。
山本氏:ああ、なるほど。
マコ氏:だから、そこ漏れてるんじゃないかっていう指摘が昨日は相次いでましたね
山本氏:はあ。今の状況の中で、祈るしかないってとこなんですか?(祈るポーズをして)早く(線量が)下がりますようにっていう。
マコ氏:(大きくうなずいて)早く、原因が見つかって、おんなじ作りのタンクも、あの(祈るポーズをして)同じように漏れませんように!って感じ。
山本氏:(呆れて笑う。)
(山本氏、マコ氏、あまりの状況に笑うしかない。)
マコ氏:(祈るポーズをして)お願いします!っていう。
山本氏:すげぇなあ。
マコ氏:っていうのが、(手元の資料を持ち上げて)これですね。
それで、なんか、あのー昨日たくさん不備が見つかって、
山本氏:はい。
マコ氏:結局、そのーNo.5 H(4)-Ⅰエリア、No.5のタンク、
(※資料をズームアップ。)このH(4)-Ⅰエリアのここの、ここが、水位が3メートル低かったんですね。
 
※動画で示している図は下記を参照願います。
〇『H4タンクエリアにおける漏えいについて 平成25年8月21日 東京電力株式会社』
特定原子力施設監視・評価検討会
汚染水対策検討ワーキンググループ(第3回)資料1・7ページ
 
マコ氏:でまあここが漏れただろうって、言われてるんですけど、そのー、パトロールのやり方が、何て言うか、ちょっと、雑じゃないかっていう指摘が昨日相次いで、
山本氏:ええ。
マコ氏:っていうのは、あのー・・、漏れがわかったの、まあどういうふうにパトロールしていたかというと、1日2回、ここでパトロールをして、それでそのー、えーっと、だから水たまり、昨日(前日)と違う水たまりーが明らかにあって、でそこ線量測って高かったら漏洩しているっていう感じを(の判断を)するんですけど、
山本氏:ええ。
マコ氏:えーとー、何て言うかね、いろいろ規制委員会の指摘があると、よく、雨水が溜まるようなところで、
山本氏:ええ。
マコ氏:で、まあ、水たまりはよくあるんですって。
山本氏:ああ、なるほど。
マコ氏:で、それで、でも、明らかに違う、雨が降ってないのに、水たまりがある、みたいな場合に、チェックするんですって、線量計で。
山本氏:めちゃくちゃアナログなやり方で。
マコ氏:そうそうそうっ。で、まあ更田さんが、「線量計は、いつもパトロール(の時)持ってるんですか?」(聞くと、東京電力側は)「持っています。」と(答えた)。
(更田委員が)じゃ「毎回水たまりは、線量測ってるんですか、水たまりがあったら」(と聞くと)、(東京電力側は)「いえ、測っていません」と。
まああのー、(東京電力側は)「明らかに」、こう、「昨日(前日)と違う水たまりがあった場合のみ測っています」と。
じゃあ、その、えー「パトロールの方が、水たまりをどこに発見して、そして線量を測って、どれ位だったっていう記録は残してあるんですか?」(規制庁側が質問すると)、(東京電力側は)「いえ、残していません」、みたいな感じで(回答する)。
何かまあね(ケン氏の方を見て)、けっこう規制委員会も(マコ氏、後ろにのけぞりながら)「なんだそりゃー!(呆)」みたいな感じで。
山本氏:ふぅー・・・。
マコ氏:だからいつから漏れたか、どうなったかっていうのが今のところわかんないです。
山本氏:(呆れている様子で)なるほど。すごいなぁ~・・・。
 
【緊急文字おこし2】へ続く。
 
(参考)
〇おしどりマコさん、東電汚染水漏れについて(2013/8/21)
 
原子力規制委員会
特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググルー
 
以 上
 
文字おこし:M
 
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード