2013年

8月

10日

【8.8政府交渉 文字おこし1】交渉のまとめ1 国の姿勢、国の発言を広めていきましょう!

  

【8.8政府交渉 文字おこし1】交渉のまとめ1 国の姿勢、国の発言を広めていきましょう!
 
〇美浜の会 事務局長、 おおい原発止めよう裁判の会 事務局長 島田清子氏
http://www.jca.apc.org/mihama/
 
〇国際環境NGO FoE Japan、原子力規制を監視する市民の会 満田夏花氏
 http://www.foejapan.org/
 
満田氏:
今日の交渉のまとめを、美浜の会の島田さんからお願いいたします。
 
島田氏:
どうもみなさん、ご苦労様でした。
お疲れ様でした。
まとめと言われても急にあれなんですけれども。←((Mのコメント:といいつつ、うまくまとめてらっしゃいました!)
やっぱりあのー、この、海への(高濃度放射能汚染水の)その流出の問題ですね。
これについて、今日(資源エネルギー庁、原子力規制庁が)はっきり言ったのは、汚染源、結局、源がどこなのかと、いうことはまだ確定していないと、いうことをはっきり言いました。
これはあの今日の資料にもありましたように、昨日の(2013年8月7日開催・第31回原子力災害対策本部会議)対策本部なり、まっ、国が主要に言っているのは、トレンチ内に溜まってる、あの分だけだと、いうような言い方をしてますけども。
やはりこれについてはまだ、汚染源があのー、はっきりとした確たるものはできていないんだと、いうことを言ってましたね。
 
そして、あのー最初のところに、その最初に水ガラスで、海側の方に(流出対策を)したと、いうことについて、結局それによってその、こうやって(集会で配布した資料で示しているように)流出していったわけですよね。
(資料提供:プルトニウムなんていらないよ!東京 作成:高木 章次氏)
これを、当初予測検討しなかったのかと、いうことについては、当初は予測検討しなかったと。
結局(高濃度放射能汚染水が)漏れてしまって、わかったんだというね。((←Mのコメント:はい。言い訳ですね!))
こんなことも検討していないと、いうのも、あのはっきりしました。
そしてやっぱり一番あれだったのは、いったいこの問題、誰が責任をもつのかと、いうこの問題でしたね。
結局これについては、明確にはできていない。
これが回答です。
だからこんな姿勢で、その誰が責任をもつのかと、いうこともはっきりしないままに、(高濃度放射能汚染水対策)会議はやっています、何々はやっていますと、いうふうに言われたって、何にも問題やっぱり解決しないわけですよ。
 
漁民の人たちは、そりゃもうたまらないですよ。
だからやはり、この問題、これまで事故後2年半近くになる(のに)、放置してきたこと。
そして、つい最近になり、いろんな対策を『税金』使ってやると、いうようなことを言ってますけども。
責任も明確にしないままに、こういうことをやらせると、いうことについてはやはり、あの断固反対していくと。
本当に、ただ東電を救済するだけと、いうことだと思います。
 
そして、えーこの一番最後(集会資料5・汚染水問題政府交渉 事前質問事項と交渉ポイント 4つ目のパラグラフ◆汚染水対策の国側の体制について・極端な再稼働シフトについて)の再稼働ですね。
これは本当に酷いですよね。
まず人員の割き方、そのものからいっても、あの、もう(高濃度放射能汚染水に関する)モニタリングで、実際高い値が出てる最中に、100回以上も大飯(原発3.4号機)の再稼働、それから(実用発電用原子炉に係る)新(規制)基準関係の議論をやりながら、こちら(東京電力福島第一原子力発電所・高濃度放射能汚染水流出問題)を『ほったらかし』にしてて。
で実際の、7月8日(新規制基準施行日)、もう最後にあれになりましたけど、その『各原発で地下水問題があるんだと、いうことを(原子力規制委員会・規制庁は)最初に認めておきながら、実際事故が起きた時に、この地下水で同じようなこういう流出、放射能の汚染の問題が生じるということについては、何の検討もしていない』と、いうことでしたね。
それなのに、再稼働については、淡々と進めるんだという、これは非常に無責任な発言で。
 
で私たちは、ここでも今日は腹が立ったと、いうだけではやっぱりダメで、これをぜひみなさん、私であれば、あの関西電力の管内の、その近くの漁協とか、先ほど(話題に)出てたそういうお魚を扱っているスーパーの方とか、それを食べる消費者のみなさんに、『国はこの(高濃度放射能)汚染水(流出)問題について、誰も責任をとらない。』、そして、それが例えば大飯原発で事故が起きた時に、『どういうふうにしてこの(高濃度放射能)汚染水(流出)問題に対処するのか、それも(強調して)まったく決まってない中で、(原発)再稼働をやろうとしているんだ』と、いうそのことを、ぜひね、あの広めていきましょう!
ぜひみなさんも、今日のこと、いろんな形で、広めてください。
(原発事故に対する)防災問題も、もちろんそうですよね。
防災が全然できていない。
(強調して)同じことですよ!
『この(高濃度放射能)汚染水問題は一切、再稼働しようとしている原発について、検討もされてない。』
なのに、再稼働の審査を(原子力規制委員会・規制庁は)淡々と進めようとしている。
まっ、こういうので、本当に進めていいのかどうか。
今日のやはり国の姿勢、それを、ここの怒りに留めるんではなくって、多くの人たちに、で自治体に、そういうかたちであの、話をしていくと。
 
例えば最初に紹介があったように、佐賀の玄海原発のとなりの、長崎県の漁連が、そうやって、やはり事故が起きた時の、(放射性物質による)海洋汚染を心配しているわけですよね。
ですから、例えば、大飯(原発)であれば、もう福井はもちろんですけれども、京都や兵庫、その近隣。
伊方(原発・愛媛県)であれば、その近隣、対岸の県、大分県とか。
そういうところに、やはり今日のこの国の姿勢、国が言ったこと、それをやっぱり広げていって、このまま再稼働、新規(原発認可)はおかしいじゃないかと、いうことを、あのぜひ声を大きく上げていく。
そういう糧として、今日のことは広げていきましょう!
よろしくお願いいたします。
 
(会場から拍手)
 
【8.8政府交渉 文字おこし2】交渉のまとめ2 へ続く。
 
 
(参考)
〇長崎県漁連、原発の再稼働反対 玄海、海上デモも
2013/08/05 18:43   【共同通信】 (転載)

 長崎県漁業協同組合連合会は5日、理事会を開き、原発事故が起きた場合の漁業被害対策について九州電力から納得のいく説明がないとして、玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対することを決めた。漁船による海上デモの実施方針も確認。都道府県単位の漁連として異例の対応を取る。

 理事会では「玄海原発再稼働に関する緊急対策本部」(本部長・川端勲長崎県漁連会長)を5日付で設置した。今後実施する反対活動の詳細を詰める。

 海上デモのほか、国への要請活動や農協など1次産業に関わる他団体との連携を検討する方針も確認した。

http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080501002116.html

〇130808汚染水問題で緊急集会と政府交渉 ~海を汚さないで! 再稼働よりも放射能汚染対策に注力を!~3
(dkworksTV1)
 
〇経済産業省・資源エネルギー庁
 
〇環境省・原子力規制委員会、原子力規制庁
 
〇IWJ 第31回原子力災害対策本部会議のブリーフィング(2013.8.7)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/95298
 
以 上

文字おこし:M 

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード