【6.21規制庁交渉32】質問6.+ 追加質問3.

  

【質問6.+ 追加質問3.2】 

〇グリーン・アクション 代表、おおい原発止めよう裁判の会 共同代表アイリーン・美緒子・スミス氏 
http://www.greenaction-japan.org/modules/jptop1/ 

〇美浜の会 事務局長、 おおい原発止めよう裁判の会 事務局長 島田清子氏 
http://www.jca.apc.org/mihama/ 

〇原子力規制庁 安全規制管理官付(PWR・新型炉担当)管理官補佐 布田 洋史氏 


スミス氏:  (2:07:30~2:15:16 のあたり) 
はい。えーっと、そしたら、そのいまの続きで確認したいんですけど。 
6月20日、昨日ですね、出された現状、あのー評価書の(案)の結論。 
あの、ページ44、ですけれども。 
結論の一段落目にこういうふうに書いてありますね。 
えーと、新規制基準施行後、審査においては、対応すべき課題があり、これに対して、適切に対策を講じることが必要であるっていうふうに書いてあるんですね。 
これでいいんですよね? 
こういうふうに書いてます、結論に。 
だから、これがまだ出来てないってことでよろしいですね? 
これは昨日出された、あのー(案)に、(評価書(案))の結論にこういうふうに書いてあるんです。 

布田氏: 
あのー、昨日の、おー評価書(案)においては、あのそういう記載がございますが、あのーまあ、あーこの評価書については、あの今後議論をその進めていくと、いうもので、まだ確定したものではないと、いうことでございます。 

スミス氏: 
あのー同じ結論、あの同じページ44の、あのー後半の方に、こういうふうに書いてありますね。 
あの敷地の地下構造の把握については、現時点においては、新規制基準に照らして、地下構造を詳細に把握できているとは、言い難い状況にあると、いうふうに書いてあります。 
これがいまの、大飯原発の現状ですね? 

布田氏: 
(江頭氏うなずく。布田氏もうなずく。) 
まああのー、評価書上そういうようにあのー、昨日の段階では、あの評価をしていると、いうものでございます。 

スミス氏: 
そしたらですね、あのいまこういう状態だったら、大飯原発は、7月8日以降、その動かしていいってもし言うんだったら、どういう法的根拠があるのか、そこをもう1回、それを言ってください。 
どういう根拠があるんですか、法的根拠。 

布田氏: 
あのー、まあ、今回実施しているあのー、現状評価ーについてですけれども、これあのー安全上重大な問題があればですね、あのー何度も申し上げる通り、 

島田氏: 
違う!法的根拠を聞いてるんです! 

布田氏: 
(市民の声を無視するかたちで自分の言いたいことを言い切る。((←Mのコメント:お得意の聞かザル(猿)ちゃん)) 
その関電に対して、えー求めていくと、いうものであります。 

(会場からも批判の声。) 

スミス氏: 
あの、ごめんなさい。 
もう1回、法的根拠を聞きたいんです。 
あの大飯原発、もし7月8日以降、動かしていいって言うんだったら、その法的根拠を教えてください。 
(布田氏がすぐに回答をしないので、続けて) 
だから、さっき言ったことをもう1回繰り返すんじゃなくて、その法的根拠を聞いてるんです。 
それを教えてください。 
どこに書いてあるのかとか、どこに・・・。 
示していただきたいんです。 

布田氏: 
あのー法令上は、あのー旧、うー旧法で。 
要は、施行前の、おー原子炉等規制法とかで、えーまあ出されたその設置許可、ですとか、その認可、とかにつきましては、その施行後も、そのー有効と、おーいうことに、いーなります。 
でーまあ、あー最初に説明した通り、(2:10:28~2:10:59あたりで牧野氏、何かをメモしている。) 
そのバックフィット制度で、その基準に適合していないと、おー認める場合については、あのー停止も含めて保安のための措置、えーはっは出すことは可能と、おーいうことですけれども。 
まあ、基本とっ、おっ基本的な考えとしては、あのー旧法、あの施行前に出されていたものについては、あの有効と、いうことでございます。 

(会場ざわつく。) 

島田氏: 
いやいや。 
あのね、んー、一番単純なんですよ!あたしたちが聞いているのは。 
今回の評価会合でやっても、やっぱり、新基準と照らせばね、まだ十分じゃないと、いうところがあるとはっきり書いてあるわけですよ!ね。 
そうであれば、新基準は満たしてないと。 
でもその場合、まあ、今回のやつはまああのー正式なものじゃないと、おっしゃるでしょうけど。 
じゃあ7月8日、新法が施行されてから、この時にね、新法に、この新基準に、合ってないと、いうことが、わざわざ(現状評価書(案))書いてあるのに、その大飯原発が動かせる、運転継続できる、法的根拠は何ですかと。 

布田氏: 
(ゆっくり机上に置いているマイクを持ち) 
あのーバックフィット制度については、あの基準に適合していないと認める時は、そのー保安のために必要な措置を命ずることができると、いうことでございます。 
でーまあ、あーその現状、その評価、あー書については、まだ確定したものではありませんけれども。 
あのその時点で、あっまあその時点といいますか、その現状、現状評価書について、えー、の考え方でいうとですね、あの規制委員会においてその今後議論していくことになりますので、まあそこで、えーなんか問題があると、重大な問題があると、いうことであれば、何かしらの対応は求めるということになろうかと思います。 

島田氏: 
いやいや、そうじゃないんですよ! 
もうねえ、大飯は、新基準に照らせば、これを満たしてないところがあると、いうのはあなたたちが昨日(2013年6月20日)出した報告書(関西電力㈱大飯発電所3号機4号機の現状評価書(案)平成25年6月20日付)にも書いてある。 
で今日のやりとりの中でも、それは何点も確認ができたわけですよ、ね。 
これ新法になった時に、それ満たしてないやつを、バックフィットできてない、この大飯の運転は、できないでしょ? 

(会場から「そうだ!」「そうだ!」の声。) 

島田氏: 
どうですか!運転できないでしょ! 

(会場から「そうだ!」の声。) 

布田氏: 
あのー何度も申し上げる通り、あの昨日の現状評価書についてはまだ、あのオーソライズされたものではありません。 
((Mのコメント:オーソライズって(笑)。日本人なんだから、日本語で言いなさいよ。)) 

島田氏: 
いやもちろん、そうですよ。 
ただそれで、あたしたちは当然ね、規制委員会が、やはり、問題があると、ねえ、大飯については。 
だから、「運転は停止だ」と、いうね、そういう報告書をまとめてくれればいいですよ。 
どころがどうですか! 
昨日の報告書、いわゆる一番最後の結論でね、さっき言われていたように、これは直ちに安全上重大なうんぬんはないと、いうようなことで書いてるじゃないですか! 
基準は満たしてないけど、直ちに安全ではないと、ね。 
((Mのコメント))      ↑ 
「直ちに安全ではないと」の発言部分は、「直ちに安全上重大な問題はないと」を言い間違えてしまったようです。 
弘法も筆の誤り。ご愛嬌ということで! 

島田氏: 
でこれはだから、基準を満たしてないんだから、運転継続の法的根拠、何条の、そのなになに法の何条って、言ってくださいよ! 
どれなんですか?あるんですか? 

布田氏: 
あのー、まあ、あっ昨日ー出た評価書、おーについては、あのそのように評価されてると、いうことでして、あのー、まあ今後そのー、(原子力規制)委員会において、オーソライズ、されていくということになると、いうことだと思います。 

島田氏: 
いやだから、同じことばっかり繰り返さないでください! 
私たちが聞いてんのは、ね。 
新基準満たしてなくても、大飯が運転をできる、法的根拠はありますかと、聞いてるんです! 
YES、NOで答えてください! 

(会場から「NO!」の声。) 

布田氏: 
あのー、実際に、あのーまあバックフィット制度を用いて、そのー保安のための措置を出すっていう、うー場合については、 
あのー何度も言う通りですね、規制委員会として、その基準に適合していないと認めると、おーいう状況において、そのーだっ、あの出すことができると、いうもので、えーございます。 

スミス氏: 
じゃあ、(7月)8日のすぐあとに。 

島田氏: 
じゃあ、あのー。 

スミス氏: 
(7月)8日の朝に出してもらう。 

島田氏: 
うん、そうねえ! 
7月8日の朝に、朝一番に、大飯は、やはり新基準に適合していないと、いうのを出してくれるわけですか? 

(会場から「よし、そうだ!」「そうだ。」の声。) 

島田氏: 
それでいいですか? 

(会場から拍手!) 

布田氏: 
あのー、何度も言う通りですけれども、あの現状評価書についてはまだオーソライズ(←おっ、本日3回目!)されておりませんし、あの将来的に、あのそういうようなことを認めることができるかっていうのは、あーこの場で、申し上げることはできません。 


(参考) 
〇原子力発電所の新規制施行に向けた基本的な方針(私案) 
平成24年度 第33回原子力規制委員会 資料8-1 (2013.3.19) 
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/h24fy/data/0033_12.pdf 

〇130621 大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を! 
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/86107 

〇第13回大飯発電所3・4号機の現状に関する評価会合 2013.6.20 
http://www.youtube.com/watch?v=u8FuS2MYBkM&feature=c4-overview&list=UU5_urTtPY2VjNc1YOI4rBCg 

〇関西電力㈱大飯発電所3号機4号機の現状評価書(案)平成25年6月20日付 
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/ooi_genjyou/data/0013_01.pdf 

【質問6.+ 追加質問3.3】に続く。 

以 上 
文字おこし:M

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード