2013年

6月

20日

【文字おこし1】6.19社会的合意なきままの「新規制基準」の決定に抗議!!

規制庁前抗議

【6.19規制庁前抗議行動 文字おこし1】「えー」や「あの」などは省略しております。

原発再稼働・推進基準など要りません!! 原発廃炉推進・規制基準を策定してください!!

((どうしても伝えたいおきたい・Mのコメント1))
IWJさんの画像をもとに文字おこしをしました。
雨は降らなかったものの、強烈な風が吹く中、
私たち『原子力規制を監視する市民の会』の必死の訴えを画像に納めてくださいました。
本当にありがとうございました!ぎぎさんに感謝!!

(抗議行動に先駆け、数名のメンバーが事前準備)

原子力規制を監視する市民の会メンバーS 氏

S 氏:  (19:50~35:48あたり)
ご通行中のみなさん、お騒がせしております。
私たちは、『原子力規制を監視する市民の会』の者です。
今日、このビルの中で、原子力規制委員会(本会議)が行われております。
まだ終わっていないと思います。
もうすぐ終わると思いますが。
最初の議題※で新たな(原子力発電所に対する)規制基準を決める、議題が出ていました。

※議題
(1) 原子力規制委員会設置法の一部の施行に伴う関係法令等の整備及び施行に伴う手続き等について

S  氏:
私たちは、より厳しい規制基準を作ることによって、原発再稼働を防ごうということで、ずっと(原子力規制庁・規制委員会を)監視してまいりました。
より厳しい規制を求めてはいたんですが、(原子力)規制庁で決まった(新)規制基準では、(原子力)規制庁・規制委員会が、
もともといっていた規制(福島原発事故以前に適用していた基準)とほとんど変わらない。
パブコメも出していますが、パブコメの検討もされていない、基準が承認されてしまいました。
本来なら、(2013年)7月18日までに施行という話でしたが、それがなんと10日も早く、(電力)事業者の都合なんでしょうか、10日も早く決まってしまいました。
(2013年)7月8日に施行されるということを、今日、田中委員長が言っていました。
こんどできた規制基準ですが、原発の立地(審査)指針の全文がなくなってしまいましたし、あと、シビアアクシデント(重大事故)の対策については、5年の猶予を設けるという、非常に(電力)事業者向け(電力事業者に配慮した)の基準になっています。
5年間、なにもないというんでしょうか?
津波や地震がきた場合、シビアアクシデントが起こった場合には、対策がなされていない原発が、これから(再)稼働しようとしています。
とっても危険な状態が、続くわけです。
こんな規制基準があっていいのでしょうか?

(抗議者から「だめです!」の声)

S 氏:
私たちは『原子力規制を監視する市民の会』として、いままで、傍聴にも行き、パブコメも出してきましたが、その内容はほとんど無視されてきました。
こんな規制基準が通って、これから原発は、再稼働していくようです。
はたしてこんな規制基準を、私たち市民は呑むことはできません。

(抗議者から「できません!」の声)

S 氏:
拙速な、とっても拙速に決められた、この基準ですが、できればもう一度パブコメをやってほしいし、検討もしてほしいです。
とっても危険な状態で、これから原発が、再稼働しようとしております。

(原子力規制委員会・本会議が終了し、ぞくぞくと抗議行動参加者が事前準備をしていたメンバーと合流中)

S 氏:
福島の、原発の収束、まだ終わってません。
汚染水、井戸(東電が調査のために堀った観測孔)からは、ストロンチウムが、今日漏れていたということが(規制庁側から)言われました。

((どうしても伝えておきたい・Mのコメント2))
ストロンチウム(Sr-90)も非常に危険な放射性物質ですが、そのほかにもいくつか放射線核種が計測されていて、
中でもトリチウム(H-3)が大量に検出されています!

下記の通り、それぞれの放射性核種で制限値が決められています。
こんな制限値をいままで設けて、環境中に放出OKしたことにも腹が立ちます!
ようするに、原発は必ず放射性物質をお漏らしするのです!!

ストロンチウム(Sr-90)告示濃度限度      30Bq/L
トリチウム(H-3)    告示濃度限度 60,000Bq/L   (出典:東京電力提出資料)
  ↓
頭狂(東京)電力の発表では、例えば、取水口(護岸)観測孔No.1において、
トリチウム(H-3)
2012.12.08  29,000Bq/L
2013.05.24 500,000Bq/L
2013.05.31 460,000Bq/L
2013.06.07 500,000Bq/L
2013.06.14 測定中。。

ストロンチウムに至っては、
2013.05.31~測定中となったままです。。

今回の抗議行動ではストロンチウムに触れていることが多いので、あえてコメントしておきます。

トリチウム「H-3」、水素-3。つまり三重水素。
水「H2O」と結合すると、水素なので分離はほぼできません。というかできないでしょう。
漏れたのは、海です。。想像してください!

原子力規制委員会の検討会合を傍聴しているとわかりますが、放射性核種を分離するための装置ALPS、他核種除去装置がうまく稼働すれば、ストロンチウムやその他の核種はほぼ捕獲可能のようです。

しかしトリチウム水は、トリチウムと水に分離困難です。
よって検討会合などでも、トリチウム水は保管し、環境中に放出しないようにしなければ・・・、な~あんて会話をしています。

(当日追加配布資料)
東京電力福島第一原子力発電所における取水口(護岸)付近の地下水調査結果について
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0011_22.pdf

S 氏:
こんな福一の事故も収束していない状態で、再稼働なんてありえません!
こんな規制基準は、呑むことができません!

(抗議者から「できません!」の声)

S 氏:
(原子力)規制委員会は、1日も早く、福島の事故の収束の方に、全力を傾けてほしいと思います。
規制委員会(・本会議)終わったようです。
私たちは、『原子力規制を監視する市民の会』です。
このファーストビルの中に、原子力規制委員会が入っております。
今日、新たな規制基準を決めるという、会合が開かれておりました。
その傍聴は、いま終わりました。
とても拙速な規制基準です。
危険で、とても市民が安心できない原発が、動こうとしています。
じゃあ、傍聴報告をお願いします。

【文字お越し2】に続く

以 上

(参考)
〇第11回原子力規制委員会・本会議(2013.6.19 10:30~12:00予定)
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/20130619kaisai.html

〇配布資料一覧
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/20130619.html

〇IWJさんの画像 (強風の臨場感をお楽しみください♪)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/85828

 

文字おこし:M

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード