【超ー緊急!文字おこし2】テレビ朝日へ抗議を込めて!6.14復興庁前抗議!by原子力規制を監視する市民の会

拡散希望!マスメディアが報道しないなら私たちの手で!

 

【超緊急!文字おこし2】※「えー」「あの」などは省略しております。 

テレビ朝日さん! 取材したのならきちんと報道してください!! 
6.14復興庁前抗議by原子力規制を監視する市民の会 

〇福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、原子力規制を監視する市民の会 阪上武氏 
  http://fukurou.txt-nifty.com/ 

阪上氏:  (15:24~22:30あたり) 
それでは、私のほうから。 
私たちは、水野参事官に『左翼のクソども』と、『知性の欠如した奴ら』と言われました。 
その(2013年)3月7日の集会は、決して『罵声が飛んだ集会』ではありませんでした。 
専門家の方々が、その健康管理の必要性、それを福島県外にも拡大する必要性をしっかりと訴えて、そして静かに、水野参事官、環境省の方に訴えた、そういう集会でした。 
私たちはその集会で、そういう、水野参事官が、考えを持っていると、露も知らず、非常に驚いております。 
そして、それだけではありません。 
その翌日の水野参事官のツイート。 
なんと書いてあるか。 
『白黒つけない。』、『そういう判断もあるんだ。』、『それを関係者で合意した。』。 
関係者の間で、白・黒つけない判断を合意していた、いうふうに書いてあるんですね。 
いったいこれは何のことでしょうか? 
その後、(2013年)3月17日には、「(原発事故子ども・被災者)支援法パッケージ」なるものが出てきました。 
しかし、その中身は、「(原発事故子ども・被災者)支援法」に基づいた政策のほとんどは無くですね、それ以外の、それぞれの省庁が、その災害に関する法律に基づいて、すでにやっていることをですね、まるで、この「(原発事故子ども・被災者)支援法」に基づいてやっているかのごとく、ただただ、やっていることを羅列しているだけ。 
で、しかも、避難者に対する支援は皆無と。 
この避難者にも、在住者にも、そして帰還希望者にも、きちんとそれぞれの選択を尊重した上で、支援を行っていく。 
そして、健康管理については、国の責任で、福島県外を含めて、国民の健康を守っていくんだ。 
(↑「原発事故子ども・被災者支援法」の中身) 
その中身とほど遠い、そういう「(原発事故子ども・被災者)支援パッケージ」でした。 
これのことを指しているんでしょうか? 
このような曖昧なかたちで、白黒つけずに、いろいろなかたちで進めると。 
これを関係者の間で合意した。 
これは単に、水野参事官個人の問題ではありません! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
復興庁ぐるみで合意した。 
政府ぐるみで合意したと、いうことでしょうか? 
これまで「(原発事故子ども・被災者)支援法」は(制定から)1年経ちますけれども、塩漬け状態! 
中身がいっこうに進んでいません。 
そして、水野参事官のツイートを見る限りでは、『具体的な仕事をしないことが仕事』だと。 
これを、いかに(仕事を)やっているかの如く見せるのが、それが仕事なんだと。 
そのためには、どこかの党のビールを運ぶし、集会へ出て、いろいろうるさい連中がいるのを黙って我慢して聴いているし、それがオレたちの仕事なんだと。 
復興庁のみなさん、本当にそんなことを考えているんですか? 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
私たちは、皆さんがそこまでひどい人たちだとは思っていません。 
でも、現実に、この「(原発事故子ども・被災者)支援法」の中身が進んでいない。 
この歴然たる事実があります! 
ぜひこの、水野参事官の問題、復興庁の組織ぐるみで何が起こっていたのか、はっきりと、白日の下に曝してください! 
そして、一刻もはやく、この「(原発事故子ども・被災者)支援法」の具体的な政策を進めてください! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
(放射)線量の基準が決まらないから進まない、そう言います。 
そしてそれは、(原子力)規制庁・規制委員会に頼んでいる。 
(線量の基準決定には)年度いっぱいはかかるだろう。 
何ですか!それは? 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
ただただ、先送りしているだけの口実に過ぎないじゃないですか! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
そして、(原子力)規制庁・規制委員会に線量基準を頼んだら、どんなことになるのか、私たちはよーく知っています! 
放射線防護が必要だ、そのためには「ガラスバッチ」つけろ!、それが結論です。 
「ガラスバッチ」をつけたところで、放射線の防護にはなりません! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
でも、「ガラスバッチ」をつければ、見かけ上線量が低く表示されて、被ばく防護がされているかの如く見える。 
そのことを(原子力)規制庁・規制委員会はよーく知っています! 
でそれを、ズルズルと年内かけて、何も言わずに、そして何もせずに、ただ時々(時間)が経っていく。 
そして出てくる結論は、「ガラスバッチ」。 
いまと何も変わらない状態で、『もう線量は下がった。だから帰りなさい。賠償も打ち切ります。』そんな恐ろしいことが、行われているように思います。 
そのことは、この「(原発事故子ども・被災者)支援法」の理念の1から10、1から100まで、どこにも書いてないんです。 
改めて、その線量の基準、もう国の法律で、1mSv/年が公衆の線量限度だと、もう決めてあるじゃないですか! 
もうわざわざ、なにも(原子力)規制庁・規制委員会で、お伺いをたてる必要はありません! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
そして「(原発事故子ども・被災者)支援法」の中にも、ちゃんと書いてあります! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
低線量被ばくについては、よくわからないことがある。 
だから、予防原則的に、もう〇〇(←聞き取れない)対処しましょう。 
そんなふうに、普通に書いてあるわけじゃないですか! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

阪上氏: 
ですから、早急に線量基準1mSv/年と定めて、具体的な対策を、もう、すぐに始める! 
それを即行わない限りは、私たちはこの、水野参事官と同じ考えをもった人たちが、(原子力)規制庁の中にゴロゴロ居る、復興庁の中にはゴロゴロ居るという(ふうに)しか、考えることができません! 
ぜひ、一刻も早く、この「(原発事故子ども・被災者)支援法」の具体化をはかることによって、みなさんが本気にこの、福島の問題、向き合う気があるんだと、いう姿勢をみせていただきたいというふうに思います。 

(参考) 
〇20130614 UPLAN 水野参事官発言問題をうけて復興省前抗議とテレビ朝日クルー 
http://www.youtube.com/watch?v=3CczK5bw-TQ 

〇しえんほう311 (原発事故子ども・被災者支援法 市民会議) 
http://shiminkaigi.jimdo.com/ 

東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律=【原発事故子ども・被災者支援法】 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H24/H24HO048.html 

〇災害救助法 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO118.html 

〇原子力規制を監視する市民の会 
http://kiseikanshishimin.jimdo.com/ 

 

文字おこし:M

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード