【超ー緊急!文字おこし1】テレビ朝日へ抗議を込めて!6.14復興庁前抗議!by原子力規制を監視する市民の会

 

拡散希望です!マスメディアが報道しないなら、市民の力でがんがん拡散!

 

【超緊急!文字おこし1】※「えー」「あの」などは省略しております。 

テレビ朝日さん! 取材したのならきちんと報道してください!! 
6.14復興庁前抗議by原子力規制を監視する市民の会 

 

〇20130614 UPLANさんの映像

水野参事官発言問題をうけて復興省前抗議とテレビ朝日クルー 
http://www.youtube.com/watch?v=3CczK5bw-TQ

 
〇国際環境NGO FoE Japan、原子力規制を監視する市民の会 満田夏花氏 
http://www.foejapan.org/ 

満田氏:  2:26~ 
復興庁のみなさん、ご近所のみなさん、お騒がせしています。 
私たちは、今回報道された水野参事官のツイート問題、たいへん残念に思っています。 
復興庁に対して、いまこそ原点に立ち返って、「原発事故子ども・被災者支援法」の実施を急いでほしい、そういう思いで(復興庁前まで)やって来ました。 
復興庁のみなさん、福島の人たちは
、本当に辛い思いをしています。 
10万人を超える避難者の方々は、避難先で生活苦にあえぎ、賠償が打ち切られている人も居るんです。 
(復興庁の)みなさん、もちろんご存じでしょう? 
「原発事故子ども・被災者支援法」というのは、被害者の方々、(福島県内に)留まっている人も、避難をしている人たちも、そして私たち支援をしている者たちにとっても、一筋の光なんです! 
復興庁のみなさん、聞こえますでしょうか? 
うるさい市民が来た、というふうには思わないでほしいんです。 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
「被弾した」とかそういうことは思わないでほしいんです。 
確かに厳しいことを言うかもしれません。 
でも、被災者の思い、市民の思いを受け止めて、原発被災者の支援を行っていくのが、みなさんのお仕事なんです。 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
私たちは水野参事官の今回のツイートをたいへん残念ではありますが、これは水野参事官だけの問題ではないと思うんです。 
復興庁のみなさん、これを機にぜひ、原点にかえってですね、原発事故に苦しんでいるたくさんの人たちの声をぜひ聴いてほしいんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
被害者の声を聴くための常設の機関を作ってください! 
私たちは、もう1年も、それをあなた方に訴えてきました。 
個人プレーじゃ、もうダメなんです! 
市民が主催の、あるいは議員が主催の集会に復興庁の方が来て、「うん、うん」とうなずいている。 
その光景、最初見て、最初は期待したんです。 
水野参事官が郡山まで来てくれて、本当に、被害者たちの辛い、辛い話を聴いて、うなずいている姿に、私はひょっとしたら、やってくれるのではないか、そう思いました。 
でもそういうことが何度も何度も重なりましたよね。 
いっこうに「原発事故子ども・被災者支援法」は、実施に移されてません! 
現にもうそろそろ1年経つのに、何1つ予算化されていないじゃないですか! 
3月の上旬に、復興庁が「復興パッケージ」というものを出しました。 
でもこれは、すべての、省庁の、被災者支援関係の、被災した各県の被災関係の、今までの政策を、ドッキングしただけですよね。 
もちろん津波、地震、たいへんな被害が出ています、それに対する救済、もちろん重要です。 
ただ、原発事故被害は、(放射性物質による)汚染が長引く、なかなか家に帰れない、なかなか復興が進まない、そして放射線被ばく、科学的には解明できていない被ばくの問題、そういう特殊な性格があるから、「原発事故子ども・被災者支援法」を作ったんじゃないんですか? 
そういうふうに法律にも書いてありますよね! 
でですから、その法律を、今ある法律をふつうに実施して欲しいんです! 

(抗議者から「そうだ!」「そうだ!」の声) 

満田氏: 
復興庁のみなさん、たぶん百も承知だと思います。 
あなた方が責任を負っているんです。 
10万(人)を超える故郷を失った原発事故の被害者の救済は、あなた方が責任を負っているんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
ぜひ、使命感をもって迅速に取り組んでください! 

(抗議者から「そうだ!」「その通りだ!」の声) 

満田氏: 
被害者の方々は追い詰められています! 
避難先で仕事が見つからない、住宅もいま、災害救助法に基づく住宅支援が行われているわけなんですが、毎年、毎年更新です。 
で、この間私たち、政府の方々とお話ししました。 
厚生労働省の方とお話ししました。 
「災害救助法というのは、緊急事態に対処するための法律です。」そういうふうにおっしゃっていました。 
で、「ですから、いつまでも、いつまでも、災害救助法を使うわけにいかないんです。「原発事故子ども・被災者支援法」が制定されたから、住宅支援については、この「(原発事故子ども・被災者)支援法」にバトンタッチして、いつまでも災害救助法による、借り上げ住宅の支援を行うわけにはいかないんです。」厚労省の方は、そうおっしゃっていました。 
それは正論だと思います。 
ただね、私たちとしては、全然実施されていない「原発事故子ども・被災者支援法」、期待できないじゃないですか。 
それであるんだったら、今ある法律(災害救助法)を使ってほしい、そういうふうに厚労省の方には言いました。 
ただ、だからといって、今ある法律では、いま福島に留まっている人、避難している人、帰還している人、すべての人たちを救うわけにはいかないんです。 
とりわけ、自主的避難を強いられている人たち、賠償金ももらえず、たいへん経済的な困難に直面しています。 
それから、健康被害の問題だってあるわけなんです。 
先般、福島県の発表によれば、(小児)甲状腺がん確定12人、疑い15人。 
そういう状況になっているわけなんです。 
福島のお母さん、お父さん、言うに言われぬ不安を抱えているわけなんです。 
そういったその、被ばくの不安すら語れないような、そういった空気が流れているんです。 
「被ばくの問題」を語ると、復興の邪魔になる。 
復興の邪魔をしちゃいけないから、「被ばくの問題」には口を閉ざして、不安だから我慢していよう、そういうような方がたくさんいらっしゃるんですね。 
私はそれは間違っていると思います。 
ただ、そういう現状があるのは確かなんです。 
国として責任をもって、この「原発事故子ども・被災者支援法 第十三条」の規定に基づいて、すべての被災者の子どもたちに、甲状腺がん(検査)、福島県外でも必要です。 
甲状腺がんのチェック、甲状腺のエコー検査をしてください! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
それだけではないんです! 
いま、心電図や血液検査も含む、健康診断というものが、避難地域から避難した被災者の子どもたちにしか、行われていない現状があります。 
で、これは、非常に危険な話だと思います! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
ぜひ、この血液検査などをもっと広い範囲で、十分に実施してほしいんです! 
で、そのようにですね(例えば)、千葉県のお父さん・お母さん方、埼玉県のお父さん・お母さん方、栃木県の保護者のみなさん、声を上げているはずなんです! 
多くの福島県外の自治体でですね、「原発事故子ども・被災者支援法」に基づいて、自分たちの地域を支援地域にしてほしい、たくさんの自治体が、決議を出して、決議を上げているんですね。 
これは、全国の声なんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
福島県、福島県外の地域について、子どもたちの健康診断を進めてほしい、これは全国のお父さん、お母さん方の願いなんです! 
私たちもそう思います! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
広い範囲で、健康対応してほしいんです。 
それは環境省の仕事かもしれません。 
厚労省の仕事かもしれません。 
ただ、「原発事故子ども・被災者支援法」については、復興庁のみなさん、あなた方が責任をもっているんです! 
あなた方が、いろんな省庁の調整を行って、この「原発事故子ども・被災者支援法」の実施を急いでください!! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
もう待てません!! 

(抗議者から「早くしろ!」の声) 

満田氏: 
私たちは東京に住んでいて、いままで東電の電気、いまも使ってますね。 
責任を感じているんです。 
ただそれは、政府の、政府の役人であるみなさんこそ、感じてほしいんです! 
この期間、この焦りを、みなさんもぜひ、共有してほしいんです! 
あなた方もお父さん、お母さんだと思います。 
ふつうの、家に帰れば、ふつうの市民だと思います。 
けしからんことがあれば、けしからんと思うにちがいありません。 
原発事故の時の、(自分の子どもたちのことを)すごく心配したんじゃないでしょうか? 
ぜひ、そのことを思い出してほしいんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
「原発事故子ども・被災者支援法」、あなた方の双肩にかかっています。 
私たち力のない市民では、もはや、この、たくさんの、被害者の方々、救援をすることはできないんです! 
私たちも市民団体として、頑張ってね、保養プロジェクトなんかをやっていますが、せいぜい、もう数十人なんですね。 
保養を受けることができる、保養ができる子どもたちは数十人なんです。 
しかも、その期間というのは、せいぜい、頑張って3日とかそんな感じなんですね。 
やっぱり行政が動かなければ、いまの福島の問題が解決できないんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
復興庁のみなさん、そしてご通行中のみなさん、ぜひ、福島の問題、危機感をもってください! 
福島の人たちは、声を上げないかもしれません。 
非常に静かに、静かに、悩んでいる人たちがたくさんいます。 
そういった状況をわかってください! 
この小さな、小さな福島の苦しみの声に耳を傾けて、ぜひ、公聴会を開いてください! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
そして、常設の、福島の被災者、そして、福島県外の人たちの声を聴くため、そして私たちの市民の声を聴くための、常設の協議会を作ってほしいんです! 
「原発事故子ども・被災者支援法」、昨年の6月21日に制定されました。 
その時、私はその国会での審議を見て、本当に涙が出るくらい嬉しかったんです! 
あなた方が、この実施の責任をもっているはずなんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
ぜひ、まもなく1年経とうとしています。 
もはや、福島の問題はこれ以上、待てるような問題じゃないんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
水野参事官のツイート問題は、私は小さい問題だと、大きい問題なんですが、そこをそれで終わってしまってはいけないんです! 
水野参事官はね、どんな処分になさるのかは、私は知りませんし、実はあまり興味もないんです。 
水野参事官の問題だけではなくて、「原発事故子ども・被災者支援法」は、現に塩漬けになっている! 
実施されていない! 
そして多くの人たちが苦しんでいる! 
この現実をみてほしいんです! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
水野参事官を処分してそれで終わり。そんなことは許されません! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
私たちは許しません! 
ぜひ、「原発事故子ども・被災者支援法」を、一刻もはやく実施に移してください! 

(抗議者から「そうだ!」の声) 

満田氏: 
市民の声を聴いてください! 
そして被災者の声を聴いてください! 

(抗議者から「聴いてください!」の声) 

満田氏: 
以上です。 


(参考) 
〇20130614 UPLAN 水野参事官発言問題をうけて復興省前抗議とテレビ朝日クルー 
http://www.youtube.com/watch?v=3CczK5bw-TQ 

〇しえんほう311 (原発事故子ども・被災者支援法 市民会議) 
http://shiminkaigi.jimdo.com/ 

〇東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律=【原発事故子ども・被災者支援法】 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H24/H24HO048.html 

〇災害救助法 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO118.html 

〇原子力規制を監視する市民の会 
http://kiseikanshishimin.jimdo.com/ 

 

文字おこし:M 

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード