【緊急文字おこし2】6.12院内集会・政府交渉 被ばく線量評価・立地指針について

【原発「新規制基準」パブコメ対応に関する質問事項 被ばく線量評価・立地指針について2】 

〇原子力規制庁 技術基盤課 田口氏 

【質問事項10.】 
田中原子力規制委員長は国会(4月23日)、記者会見(4月24日)の場で、重大事故時にフィルタ・ベントでセシウムの放出量を100TBq以下に抑えることにより、敷地境界での全身被ばく線量は0.01mSv程度に低くなる旨発言しているが、福島第一原発3号機の設置許可申請書の仮想事故「原子炉冷却材喪失」の評価では、原子炉格納容器の機能が維持されていながら、大気中に出てくる希ガスにより全身被ばく量は約1.2mSvとなっており、希ガスを含めると0.01mSv程度におさまらないのではないか。セシウムとともに放出される希ガスによる全身被ばく線量をどの程度と見ているのかを含め、算出の根拠を明らかにされたい。 

田口氏: 
それからあの、10番ですけれども、えーこれはですね、あの国会での田中委員長の発言の、あのー趣旨でございます。 
ちょっとあのー、国会の議事録を私も持ってまいりましたが、えーちょっとこのいただいたご質問はですね、あのー、0.01mSv(ミリシーベルト)におさまると、あのー(田中)委員長が発言をしたという前提でご質問いただいているんですが、あの田中委員長の、あの発言を見ますとですね、えー従来の目安線量は、少し飛ばして、小児甲状腺ですと1.5Sv(シーベルト)です。 
で今回の福島の、今回のような(原発)事故が起きた場合、その100分の1程度になりますと、0.01とか、その程度のmSv(ミリシーベルト)程度と言っていますと。 
でこれはあのー、あの1.5Sv(シーベルト)の100分の1だと0.01(mSv)と言っている、というふうにあの私は解釈できると思いますので、まあそのあとちょっと、ミリシーベルト(mSv)というふうに単位を、あの1.5Sv(シーベルト)、シーベルトの話をしたのに、そのあとの言葉はミリシーベルト(mSv)になっているので、ちょっと誤解を招くんですけれども。 
ここはその、えー1.5Sv(シーベルト)の100分の1は0.01(mSv)だと言っていることにすぎないのではないかと、あの、えー私は思っております。 
それで、えっとじゃあ、このご質問に戻りまして、えー100TBq(テラベクレル)に抑えると、その全身被ばく線量が0.01m(Sv)になるかと、えー言いますと、それはちょっとそのー、えーっと、これはあのー、あのかならずしもそうとは言えないと、私は正直思っておりまして、えー今回の福島事故でですね、実際に敷地境界の線量がどれぐらいになったかと、これはあの、正式な数字はございませんけれども、えーそれを、そのーベントで100TBq(テラベクレル)以下に、まあ抑えたとして、えー0.01(mSv)になるかどうか、これはあの正直、あのーやってみないとわかりませんし、逆に言うと、必ずなると言えるものではないと思います。 
でこういうのを、あの総合安、12月施行の総合安全評価の中で、えー事業者に評価していただくということを今考えております。 

【質問事項11.】 
その他の「考え方」に【課題の先送り】「「原子炉水位計」等の計装設備については、重大事故等が発生し計測が困難となった場合であっても、当該情報を推定する手段を整備するよう求めています。また、「逃し安全弁」等の重大事故対処設備については、重大事故時に使用する環境条件においても必要な機能を十分に発揮できることを求めています。」とあるが、上記設備が、福島原発事故では十分に機能しなかったという認識はあるのか、また、現状で多様性の確保はされているのか。 

田口氏: 
えー11番(まで)、10番(まで)でしたっけ? 

満田氏: 
11番です。 

田口氏: 
11番ですね、はい。 
11番、えー水位計とか逃し安全弁について。 
えーまず、えー十分に機能しなかったという認識はあるのかと。 
で、あの水位計については、もうおっしゃる通りで、あのー機能しなかったと、えー思っております。 
これはまあ、(全)電源が喪失したこともあって、あのー(原子炉内の)水位なんかがわからなくなったわけです。 
でー(逃し安全)弁の方はですね、えーこれは、えー開けたい時に開けられなかった。 
これもあのー(全)電源が無くなったことに伴って、あの十分に減圧をしたい時に、その操作に手間取ってしまったということでございます。 
で、現状で多様性の確保がされているのか、といいますと、えー、えー(逃し安全)弁についてはですね、これはあのーまだ、あのー多様性の確保はしておりません。 
で、水位計については、えー万一、その通常の方法であのー、通常の水位計が、新しい(規制)基準の中でですね、その水位計が使えなくなった時に別の方法で、えー水位を推計する方法を整備しておくことっていうのを求めておりまして、まあそういう意味では、えー従来の水位計の多様性を求めております。 
以上です。 

【緊急文字おこし3に続く】 

以 上 

文字おこし:M

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード