2013年

6月

04日

【文字おこし3】全国から再稼働反対を訴える院内交渉集会 反原発自治体議員・市民連盟さんの質問

全国から再稼働反対を訴える院内交渉集会 
  ~原子力災害対策指針と基準地震動(新規制基準)を問う~ 

【反原発自治体議員・市民連盟の布施氏による質問】 

〇反原発自治体議員・市民連盟 事務局 布施哲也氏(前清瀬市議) 

反原発自治体議員・市民連盟HP 
http://nonukesjapan.org/index.html 

〇原子力規制庁 原子力防災課 課長補佐 刀禰(とね)正樹氏 

布施氏: 
反原発自治体連盟の布施と申します。(質問は)2点あります。 
1点目、(原子力災害対策)指針は避難することが前提になっていますよね。 
そうではなくて、(事故が発生した場合)当面は避難しないということを前提にすること、そういう議論はあったのかどうか。 
2点目、事故が起きる前に逃げる・逃げていると、そういう議論はあったのかどうか。 
この2点についてお聞きしたい。 

刀禰氏: 
まず最初のご質問ですが、この避難が前提となっているということなんですけれども、これは原発からの距離に応じて異なってまいります。ご質問の回答としては、原子力災害が発生する、先ほど近藤先生からお話のあった原災法第15条事情、緊急事態が起きた段階でですね、すぐに避難をお願いする地域と、すぐには避難せず屋内退避していただくという地域に分かれます。 
具体的に申し上げますと、私ども防災対策重点区域、従前8~10kmであったところを30km圏を目安として拡大してくださいということをお願いしております。 
私どもの世界では「UPZ」というもので、緊急時の防災区域ということにしております。 
で、この緊急時の区域につきましては、じつはさらに内数がございまして、原発から5km圏内「PAZ」というですね、即時避難を求める区域を新たに作っております。 
原災法第15条に基づく緊急事態が起きた場合は、「PAZ」の方は即時避難。 
5km以遠の方、(5km圏)外の方々に関しては、まずは屋内退避していただいて、その後事態が悪化する可能性がある場合・実際に悪化した場合には、さらにその状態に応じて避難を求めていくと。そういうふうになっておりますので、緊急事態の段階で、速やかに5km圏(内)の避難する方と、5km圏外が屋内退避ということでやっておりますので、「UPZ」の方がすぐに避難というかたちにはなっておりません。 
(2点目の質問への回答として)緊急事態が起きた時よりも、(避難は)緊急事態が起きる前じゃないかという話なんですけれども、この緊急事態をどう捉えるか、ということになるのですが。 
原災法第15条の捉え方はですね、実際に原発から外に放射性物質が放出されるような事態ということを想定しておりますが、私どもとしては、原災法第15条に至る前の第10条の段階がございまして、これはあの、まだ放射性物質が外に大きく拡散する事態ではないけれども、電源喪失やこのまま放っておくと原発自体が危なくなるというふうな事態にですね、こういった段階ですね。 
「PAZ」に関しては実際そのうち避難が起こることを想定して、準備をしていただくということで、一歩早い段階で行動に移していただくということをお願いしていくかたちにしております。 
それから実際に避難する場合には、病院施設などより、要支援者という方々については、避難に関して一般の方々よりもハンディがございますので、したがって緊急時にはそれよりも前の段階で、すなわち原災法第10条の段階では、「PAZ」の区域では要支援者の場合は、その段階で逃げていただくというふうな段階的な機能を今回考えております。 

司 会 :今の答えはここではあまり議論したいと思っていなくて、ただ30km圏については、もともとアメリカも福島原発事故が起きた際80kmで米兵を出した(80km圏内いる米兵を退避させた)。そういうことを考えて30kmは曖昧で、(規制庁側から示された放射性物質)拡散シミュレーションも非常にいいかげんな計算だったっていうことを私は確認しております。 

(参考) 
原災法(原子力災害対策特別措置法)第15条 
http://www.nsr.go.jp/archive/nisa/word/9/0331.html 

原災法(原子力災害対策特別措置法)第10条 
http://www.nsr.go.jp/archive/nisa/word/9/0330.html 

IWJさんの画像も必見です♪ 
http://www.ustream.tv/recorded/33747765#/recorded/33747765 

以 上 

 

文字おこし:M

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード