新潟県泉田知事のアワプラさん画像 文字おこし!

 

規制委員会の対応の悪さに非~常に怒りを覚えましたので、パブコメを考えなければならないのは重々わかっていますが、臨場感たっぷりに4分11秒のアワプラさんの画像を文字おこししました!!
★OurPlanet-TV「住民守る気あるのか」新潟県知事、原子力規制委を批判(4/22)

  http://ourplanet-tv.org/?q=node/1576

 

一市民M

 

*************** 
2013年4月22日(月)
◆新潟県 泉田知事が、田中委員長宛てに原発対策と住民防護対策の要請書を提出
泉田知事:原子力発電所の安全とそれから住民の安全、守る気があるのでしょうか?
池田長官:それは当然ございます。それが我々の責務でございますので、えーそれは同然・・・頷きながら(むにゃむにゃ)
泉田氏:立地地域と向き合う気ありますか?
池田氏:もちろん・・・
泉田氏:あるんですね。
池田氏:(小さな声で)はい・・・
泉田氏:なぜ田中委員長、今日お会いいただけないんでしょう?
(画像編集)
池田氏:(憮然とした態度で)中身につきましては、我々がきちんとあげております。えー、それおねー、あのー・・・
(規制庁・田口氏、池田長官の左後ろにフレームイン!)
泉田知事、池田長官の言い訳を遮り
泉田氏:どうして間接和合に移譲(?)しようとするんですかね。
(泉田氏の言葉を遮るように)
池田氏:いえいえ、それは~、えー・・・まあー、それはいろいろな団体からですね、
面会要求が非常に多いです。それを、おー、おー・・・片方は会って片方が会わないっていうのは・・・
(泉田氏言葉を遮って、怒り気味に強い口調で)
泉田氏:新潟県を
池田氏:ええ、
泉田氏:団体の一つだと思ってるんですか?
池田氏:いや、団体だと・・・
泉田氏:行政を所管しているんですよ!
池田氏:ええ、行政を所管しているところも同じです。
泉田氏:原子力安全行政の一部をね、担っているわけでしょ!
池田氏:いやいや・・・(黙る)
泉田氏:原子力規制委員会っていうのは、避難をどうするかっていうことに対しても責任を持つ機関じゃないんですか?
池田氏:ああ、あの・・・
泉田氏:緊急時に!!
池田氏:・・・
規制庁:緊急時に住民を避難させるという(?)(よく聞き取れない)
泉田氏:そういうことです。どうしてそれをね、あの、現場の実際の話を聞かないで、できるんですかねえ!
池田氏・規制庁:・・・(返事せず)
泉田氏:どうしてそれで、完全な、完全なっていうか、えー内容ですよね。あの今回の安全基準といわれるもの。
少なくとも新潟県は柏崎刈羽の中越沖地震の際に、えーこれは火災事故と複合災害経験しているわけですよ!
で、いったい何が起きるのか、現場がどうだったかというのを聞かないでどうして判断できるんですかね。
(画像編集)
泉田氏:我々が、あの、現場で何が起きてね困ったのか。たとえば複合災害の場合は、電源車がそもそもたどり着けない可能性だってあるわけですよ。どうするんですか?っていう。
池田氏・規制庁:・・・(沈黙)
(画像編集)
泉田氏福島の検証もしていない、行政機関の話も聞かない、現場の声も聞かない、そんな安全基準がどうして役に立つと思うんですか!
池田氏・規制庁:・・・(沈黙)
(画像編集)
泉田氏:どうしてこれを15分で説明できるんですか、そもそも。15分しかだめっていうのもそちらからですよ!
(ここで登場、原子力規制庁 広報課 佐藤暁課長。子供のような言いぶり!)
佐藤氏:今日の15分というのも私は新潟県さんから15分でいいというふうに聞いています!
泉田氏:もう、いい加減にしてほしいですよね。これで原子力安全行政を国民が安心すると思いますか!?
(終了)
 
◆記者による泉田知事へのインタビュー
記者:あの、知事。
泉田氏:はい。
記者:最初から相当お怒りのでしたけど・・・
泉田氏:いや、そりゃそうですよ!だって3月からね、えー、安全基準を検討している中で、県の技術委員会で専門家があの、検討したことを(規制庁側に)お知らせしてですよ、えー、より安全になるようにというかたちで、えー申し入れをしているのに、(田中委員長が)会わないわけですよ。で、さらに、あのー、えー記者会見で田中委員長が、『なぜ新潟県知事の質問に答えなければいけないのか』と。『義務はない。』っていう発言をしているわけですよ。
えー、これあの、国民の安全を守ろうっていう意識が組織としてあるのかってやっぱり疑問を感じざるを得ないですよね。
(画像編集)
記者:改めて、どういったことを規制委員会に求めていきたいというふうに考えていらっしゃいますか?
泉田氏:これはね、安全を守るっていうことですよ!えー、福島の事故が何故起きて、そしてそこにどう対応したのかということをしっかりやるということが一番大事であって、それを透明性をもってですね、情報を提供していくっていうことが一番重要なんじゃないでしょうか。
情報も提供しない、それから話も聞かない、独善で進めると。『我々は指針を書きました』終わり。これで信頼を得るのは難しいではないでしょうか
(画像編集)
記者:他になにか・・・
泉田氏:だから、再稼働の議論は福島事故の検証が先でしょうと(規制委員会に)質問もしているわけです。
答えられるところも答えてないってことですもんね、今日の話だと。まずそっちが先だと思います。
記者:それは何年かかっても、と?
泉田氏:フッ、だから、時間の概念じゃありません!
 
以上です。
 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード