【傍聴】第18回発電用軽水型原子炉の新安全基準に関する検討チーム

新安全基準検討チーム会合傍聴

火災防護について、圧力バウンダリの定義についての議事に続いてパブリック・
コメントの検討がありました。

会議資料
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/shin_anzenkijyun/20130319.html

コメント数は2,838件とのこと。この種のパブコメとしては多い数です。今日の配
布資料には、設計基準については、主なコメントとそれに対する規制庁側の考え
方をまとめたものと、骨子案の変更案が、シビアアクシデントについては、主な
コメントとそれに対する規制庁側の考え方をまとめたものだけがありました。

設計基準の変更案は、語句の変更が多く、他も枝葉末節なもので、根本的な変更
をもとめるパブコメには答えていません。事務方は、主な意見すべてではなく、
変更箇所とそのもとになるパブコメ意見について説明しただけでした。

シビアアクシデント基準も同様で、こちらは骨子案の変更案が間に合わず、主な
パブコメの対応のところに、いくつか要検討という印が打ってあり、これが変更
しますよということですが、それだけを読んで説明していました。他は検討に値
しないということでしょうか、それを事務方が事前に勝手に決めてしまうという
のはおかしな話です。会場から、すべてを説明して検討するよう声がありました。

検討チームの委員は今日はじめて見ましたということで、事務方の説明箇所につ
いて意見を言っていましたが、パブコメの検討というよりは、持論を述べている
だけのようにも見えました。山口氏は可搬施設の2nは多すぎるという、電力会
社に有利な持論を蒸し返していました。

パブコメの検討は次回28日に継続とのことですが、福島事故の検証や設計の見
直し、可搬設備の対応では不十分だといった根本的な提起に対する突っ込んだ検
討がなされるのか、今日の感じでは期待するのは難しい状況です。自分のパブコ
メの扱いについて確認をして、きちんとした対応を求めていきましょう。

また、28日の前の25日には事業者からのヒアリングを入れるとも。なぜ事業
者だけからヒアリングを繰り返すのか。会場から、批判的な専門家のヒアリング
を入れるよう求める声があがりました。

阪上 武

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード