2013年

3月

14日

【報告】パブコメの取扱いに関する規制庁への質問と回答

原子力災害対策指針のパブコメ無視についてただすとともに、今後のパブコメの取り扱いについて、規制庁に質問を提出しました。

それに対する規制庁の回答がありましたので、ご報告いたします。

 

*********

原子力災害対策指針改定案に関するパブリック・コメントは2週間の間に、3.155件の意見が寄せられた。公開されている資料によれば、PAZ(予防的防護措置区域)、UPZ(緊急時防護措置準備区域)が狭すぎる、――などの意見が多かった。しかし、これらのパブリック・コメントはまったく改定に反映されなかった。
一方、新安全基準に関して、シビア・アクシデント対策、設計基準、地震・津波のパブリック・コメントが合計約4,300件が寄せられた。
明日(.3/13日)、夕方、地震・津波の検討チームが開催されるときいている。

 

質問1)原子力災害対策指針について、国民から寄せられたパブリック・コメントを、原子力災害対策指針を審議した専門家のチームにかけることなく、原子力規制委員会の本委員会で、しかもたった1回、形式的な審議で終わらせたことは問題ではないか。

回答)検討チームにおける専門的な検討結果は、すでに改定原案を作成する過程で確認されており、再度、同チームの検討は必要との判断に至らなかったためです。

また、法律上、指針を定める主体は委員会ですが、委員は提出いただいた意見について目を通した上で委員会にのぞんでおり、提出意見に委員会としての考え方を示しております。

 

質問2)原子力災害対策指針に関しては、モニタリングに関する検討が行われ、5月をめどに再度改定が行われるときく。この改定も重要なものであり、行政手続き法にもとづきパブリック・コメントに付されるべきだと考えるがいかがか。

回答)現時点では、次回の改定スケジュールは定まっていませんが、改定の際には、行政手続き法に基づき、パブリック・コメントを行う予定です。

 

質問3)新安全基準のパブリック・コメントは、複数回、内容に即した実質的な審議がなされると考えるがいかがか

回答)審議の回数をあらかじめ決めるものではありませんが、意見の内容に応じて必要な議論を行っていく予定です。 

 

以上

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード