2013年

3月

06日

【傍聴報告】第32回原子力規制委員会 健康管理のあり方についての規制委員会「提言」

【傍聴報告】第32回 原子力規制委員会(2013.3.6開催)
 会議資料⇒配布資料原子力規制委員会HP

 会議映像⇒映像(YouTube):原子力規制委員会HP


◆健康管理のあり方についての提言
福島原発事故に関連する健康管理のあり方について提言案がでました。前回に出た語尾が意味不明の「方向性」に比べると文章の形式は普通な感じでした。事務方が田中俊一氏の述べたとおり作成したと言っていましたから、中村佳代子氏から取り上げたのだと思います。

◆放射線の影響は極めて小さいが不安があるだろうから…という前提
内容的には、「はじめに」で「原発事故子ども・被災者支援法」の記載が復活しましたが、この提言との関係ではありません。この提言は、前回突然出てきた「防災指針の実効性を判断するための指標」となっています。健康管理を現在の問題ではなく、将来の問題としてしかとらえようとしていません。

また目的については「被災者である住民の健康上の不安を解消し、安定した生活を実現するための健康管理のあり方について提言を行う」とあります。「健康上の不安」に放射線による影響を含むのか曖昧な表現ですが、文章全体は、放射線の影響は極めて小さいが被災者は不安を抱えているので健康管理は必要だ…というトーンです。「安定した生活」というのははじめて聞くものです。

◆従来の県民健康調査を追認
具体的な中身については、従来の県民健康調査をそのままなぞっているだけです。
外部被ばく量の調査は回答率が低いからあげよ、内部被ばく線量は、極めて微量であるが不安が大きいので測定を継続せよ、甲状腺検査については、ガンが出ていることには全く触れず、今の検査を一通り終えてから定期的に評価せよと。

◆健康状態を把握する気もなし
甲状腺ガン以外の健康検診については、「東京電力福島第一原発事故後の環境では、放射線が原因となる健康影響の発生の可能性は極めて小さく、影響を検出することはできないと考えられるが、避難や屋外での運動の自粛など生活習慣の変化に伴う肥満傾向、血糖値上昇、高脂血症傾向等が見られることから、生活習慣病対策が重要である」と県民健康調査の位置づけのまま。

既存の健診を使えというだけ。甲状腺ガン以外の疾病については、放射線の影響はないことと決めつけ、健康状態の把握すらする気も無い状況を追認しています。

◆木田意見書は別扱い・一元管理の文言なし
福島県医師会副会長の木田意見書の扱いについては、ナショナルセンターの設置について※印で「福島県医師会は…という要望を出している」という文言を挿入しています。本文にはなし。木田氏ら医師会がこだわっていた健康検診の一元管理については、本文も挿入もみあたりません。

◆福島県外はどうするのか?
福島県外を含む今後の健康管理のあり方という項目がありますが、医学的及び放射線生物学的知見に基づいて行う必要があると限定付き。その後の言い回しは、現在の知見ではガンリスクの増加が予想されるほどの被ばく線量は確認されていないというものです。県外はやる気があるのかないのかよくわかりません。

甲状腺ガンが実際に出ており、健康管理の調査範囲を福島県外に直ちに広げて健康状態の把握につとめることが先決だと思いますがそのような観点はありません。

◆調査のための調査?
被ばくの影響については、基礎研究や疫学研究が求められるという言い方で、研究のための調査という位置づけになっています。総じて、健康管理を本当にやる気があるのか非常に疑わしい提言になっています。

◆100ミリ以下はリスク小さい…田中氏が挿入か
それから文書の中に100ミリシーベルト以下は他の要因にかくれるほどリスクは小さいという文言が2箇所も出てきます。これは田中俊一氏が入れたのでしょう。

◆検討チームにかけずにその場で承認
委員会の議論では、中村氏が「提言を出さねばならぬほど、厳しい状況に追い込まれている、被災者の立場でやらなければならぬ…」と例によって訳のわからない演説、大島賢三氏が、WHOや国連科学委員会がチェルノブイリで小児の甲状腺ガンしか認めなかったと言い出して、またかと思ったのですが、その後なぜか、地元の研究で甲状腺ガン以外の疾病について論文が出ているがどうなのかと。これに対し、田中氏が健康検診で見ているからと。明らかにうそです。

提言は、検討チームにもかけられずに案がとれました。環境省に向けて出すそうです。会場から、「検討チームにもどせ」「甲状腺ガンを検討しろ」といった声があがりました。

 

阪上武

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード