【市民アクション】規制庁へ電話アクション!『パブコメ審議を要求しよう!』

【パブコメ審議を要求しよう!←原子力災害対策指針パブコメが3000超え!】


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

期間はわずか2週間、広報もまったく不十分だった原子力災害対策指針のパブリックコメントが3300件を超えたそうです。市民による努力の成果でしょう。

しかし、原子力規制委員会は許しがたいことに、早々に集計したうえで型通りの報告をして、20日(水)午前の規制委員会定例会合で改定案の決定を行おうとしていたようです。ところが、予想を超える数のパブコメが集中したため、集計に手間取り、20日の改定案決定は延びる可能性があるそうです

かつて、5年以上かけて行われた耐震設計審査指針の改訂(06年9月)の際、石橋克彦委員(当時)が改正行政手続法39条にのっとり、パブコメ(約700件)を反映させる十分な審議を要求。その年の7~8月に5回の長時間会合が開催されました(注)。

今回の原子力災害対策指針づくりや新安全(規制)基準づくりは、耐震設計審査指針の改訂に勝るとも劣らぬ重要な作業であり、これほど多く寄せられたパブコメを反映させるために、この前例なみの審議が行われるべきです。

規制委員会はパブコメをどう扱うのか明確にしていませんが、はじめにスケジュールありきの姿勢は明確です。時間があまりありません。規制委員会に対して、3000件ものパブコメを反映させる十分な審議(06年の前例並みの)を行うよう大至急声を届けてください。電話が最も直接的だと思います。

★原子力規制委員会

(原子力防災課)[TEL]03-5114-2121 

(広聴広報課) [TEL]03-5114-2105
(代表)    [TEL]03-3581-3352

※「3000件を超えたパブコメをどのように扱うのか?」との質問や、「2006年の耐震設計審査指針の改訂時には5回の長時間会合が開かれたと聞いている。今回もその前例並みの審議をすべきだ」などの意見を。

(注)「電力会社の『虜』だった原発耐震指針改訂の委員たち」
   (石橋克彦、岩波書店『科学』2012年8月号所収)

◆ツイッターでの拡散用。活用してください!
         ↓
【パブコメ審議を要求しよう】原子力災害対策指針のパブコメが3000超え!集計終わらず、20日の規制委での改定案決定が延びそう。耐震設計審査指針の改訂(06年9月)時、改正行政手続法39条に則り5回の長時間会合。この前例並みの審議を求めよう→規制委(TEL)03-5114-2121

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード