2013年

2月

06日

【傍聴】第27回(2/6開催) ~名雪事件、新安全基準骨子案

原子力規制委員会(2/6開催)を傍聴しました。

 ・資料・会議映像⇒原子力規制委員会HP-会議

 

◆名雪事件

名雪審議官が敦賀原発の活断層についての資料を公表前に日本原電に渡していた件で、規制庁長官が再発防止策を説明、原電にはヒアリングしたが、内容は新聞に出ているとおり、これからは、5分以上会う場合は、儀礼的な挨拶ではないことにする。複数で会って記録を残すようにすると説明。なんじゃそりゃという対策です。

会場からは、ヒアリング結果を説明しろ、儀礼的な挨拶なんて必要ないだろう、真相解明が先だ、など心の叫びがあがりました。

  委員からの発言では、島崎委員が、これまでも情報漏洩があったとして、過去にマスコミに情報が流れた事例を挙げ、旧保安院時代を引きずる体質が残っていると指摘。規制庁長官は、他の審議官については調べていないと。

 会場からは、「真相究明を」「島崎氏の提起に答えよ」「規制庁は信用できない」といった心の叫びが続きました。しかし、今日で幕引きという感じです。

これまでの面会の記録については、1週間ほどでHPにアップされるとのことです.

 

(参考)名雪事件の規制委対応について:記事・映像(OurPlanet-TV

「原子力規制委、面談ルール改定~内部資料漏えい」(2013.2.6)

 

◆新安全基準の骨子案

  更田委員が新安全基準の設計基準とシビアアクシデント基準について説明、島崎委員が、地震・津波の新安全基準について説明し、ミニパブコメ??にかけると。大島委員が20分ほど、国民の声を反映させるべき、純粋科学的に判断すべき、と説教じみた話しを続け、会場から「文書にして具体策を出させないと意味がないだろう!」と。結局説教だけで終わり

 パブコメ2週間では短いぞと声があがりましたが、配られたペーパーには2月末までとなっており、28日までだとすると3週間になります。少しは効果があったのでしょうか。

 

2013.2.6

 阪上 武

 

コメント: 1 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    甲斐文夫 (日曜日, 10 3月 2013 11:50)

    私もパブコメを数通出しました。そのねらいの一つは、規制庁の職員の方々を鼓舞、激励、叱咤、入れ知恵、感化、苦言、情報の提供、教唆、あらゆる方法で、我々の意見に耳を傾ける様、本来の官僚としての国民から期待されている役割と使命の重大さに目覚めさせる様働きかける運動の一翼を担わせていただくためであります。かれらが正しくレベルアップするしかないのです。ボーイング787の事故後の米国の規制当局の対応にいま注目しています。なさけない日本の原子力規制当局であってはなりません。規制と推進の分離は元々米国の制度を手本にせよと米国から勧告されてできたもの。福島の事故を受けて。今度こそ日本に民主主義を根ずかせよ。ということです。

監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード