2013年

1月

30日

【市民アクション】原発新安全基準&原発事故防災指針パブリックコメントワークショップ案内

いずれも、元東芝の原発技術者で、ストレステスト検討会の委員も務めた後藤政志さんが来てくださいます!みんなで一緒にパブコメ書きましょう!!

****************

★第一弾  こちらは終了しました。2/8日経産省前テントひろば前、2/9日第二弾にご参加ください!

【日時】2月6日(水)18:00~20:00

【場所】参議院議員会館B107 (東京都千代田区永田町2丁目1-1)

    地図(国会周辺図)

★第二弾 Ust中継やります全国の皆さん一緒に書きましょう!

【日時】2月9日(土)18:00~20:00

【場所】東京しごとセンター (東京都千代田区飯田橋3丁目10-3)

    地図(東京仕事センターHP交通案内)

【Ust中継】IWJ TOKYO2 ツイキャス中継も行います

*****************

【主催】原子力規制を監視する市民の会

【問い合わせ先】国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
・Tel:03-6907-7217            03-6907-7217      平日・日中) Fax: 03-6907-7219
・担当:満田/090-6142-1807      
・E-mail: finance@foejapan.org

★詳細はこちら⇒避難の権利ブログ

パート1:原発「新安全基準」~再稼働に直結する議論に待った!

現在、政府が進められている新安全基準の検討。2月上旬にもパブリック・コメントに付される予定です。

しかし、議論の範囲があまりに狭く、拙速です。手続き的には、電力事業者へのヒアリングにのみ時間を使い、批判的な専門家の意見の取り込みに消極的です。
これでは、福島原発事故を踏まえた議論とは言えません。

パート2:原発「防災指針~ 500μSv/時、20μSv/時の避難基準ってどういうこと?

もう一つ、重要な議論が行われています。それは原発の防災指針(原子力災害対策指)。イザ原発事故が起こった時、国・自治体や事業者、住民がどのように避難をするかについて定めるものです。

現在の案での避難基準は 500μSv/時、20μSv/時。(原子力施設などの放射線管理区域は0.6μSv/時です)。緊急防護準備区域(UPZ)は30km(飯館村は30~45km離れていました)。安定ヨウ素剤の配布は5km圏内となっています。これで大丈夫なのでしょうか?

ぜひ、お誘いあわせの上、ご来場ください!

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
監視しつつつぶやき中
監視しつつつぶやき中

Twitter

ふぉろーよろしくお願いします

一緒に原子力規制を厳しく!監視していきましょう~

カンパのお願い

******************************************
★金融機関名:ゆうちょ銀行
★口座名称: 原子力規制を監視する市民の会
ゲンシリョクキセイヲカンシスルシミンノカイ)
ゆうちょ銀行以外からの振込口座
・受取口座: 店名(店番) 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
・預金種目: 当座
・口座番号: 0449670
ゆうちょ銀行からの振込口座
・口座記号番号: 00140-5-449670
・加入者払込・払出店: 飯田橋駅東口郵便局

******************************************

原子力規制を監視する市民の会では、2012年7月から、毎週金曜日、経産省前テントひろば前や官邸前・国会前周辺、原子力規制庁前で、A3チラシをまいています!また大きなデモやヒューマンチェーンの時もまきまき隊出動しております。

また、全国各地で反原発・反被ばくの活動を行っている皆さんと連携し、集会や政府交渉などを積極的に開催しており、その際の交通費などもかかっております。

ということで、印刷のための費用や政府交渉等での交通費等運営費用などにあてるため、カンパのご協力、どうかよろしくお願いいたします!

◆上記ゆうちょ銀行口座もしくは、A3チラシまきまき市民の会メンバーへ◆

 

プラカード

ダウンロード